>  > ザコシ&ハチミツ二郎がガチンコゲーム対決

ハリウッドザコシショウとハチミツ二郎率いる芸人軍団がガチンコゲームバトル 「小っちゃい昇竜拳出すんじゃねぇ!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希と酒井健太がMCを務める、ゲーム知識ゼロでも見られるゲームバラエティ番組『勇者ああああ』(テレビ東京系)。11月8日の放送回では、お笑い芸人·ハリウッドザコシショウ率いる「ハリウッド軍団」とハチミツ二郎率いる「二郎会」による、どちらのチームのゲーム愛が強いかを試す5番勝負が行われた。

 最初に登場したのは、ハリウッド軍団。東京·千川のライブハウス·びーちぶを主戦場とする、お笑いコンビ·だーりんずの松本りんす&小田祐一郎、錦鯉の長谷川雅紀&渡辺隆、そして、ハリウッドザコシショウで構成された平均年齢42.4歳のおじさん集団だ。

 続いて登場したのは、お笑いコンビ·タイムマシーン3号の関太、お笑い芸人のですよ。、お侍ちゃん、覆面レスラー·菊タロー、ハチミツ二郎からなる二郎会。二郎会発足の経緯について、ハチミツはサンドウィッチマンの伊達みきおが作ったことを説明し、「伊達ちゃんが俺のカバン持ちとか運転手とかやってくれてた」と過去を振り返ったうえで「今は見えないくらい先まで行ってしまいまして……。もはや、伊達ちゃんのスケジュールに合わせなきゃいけない(笑)」と、二郎会出世頭となった伊達への複雑な胸中を明かした。

 第1回戦は、格闘ゲーム対決。1994年発売の2D対戦型格闘ゲーム『スーパーストリートファイターII』で、タイムマシーン3号・関とだーりんず·松本が、それぞれリュウとケンを選択して雌雄を決することに。第1ラウンドは、双方、シリーズでお馴染みの必殺技「昇竜拳」「波動拳」「竜巻旋風脚」といった必殺技を繰り出し、一歩も譲らない攻防を展開。最後は、関の波動拳をジャンプで躱しつつ、とび蹴りを見舞った松本の勝利となった。第2ラウンドは、明らかに表情が本気になった関の手堅い戦いによって松本に土が付き、勝負は第3ラウンドへ。ザコシショウから「何してんだよお前!」「小っちゃい昇竜拳出すんじゃねぇ!」といった檄が飛ぶも、闘争心に火が付いた関の猛攻に成すすべなく、松本は敗れ去った。

 試合終了後、平子から「二郎会では、関が一番うまいんですか?」と問われた関が「僕は昔からずっとやってたんで……」と答えると、その言葉を遮るように、「いや、絶対俺のほうがうめえって! 俺とやって!」と、ザコシショウが宣戦布告し、急遽、関vsザコシショウのストツー対決が開始されることに。いざ対戦となると、ザコシショウは「メガネ、メガネ、メガネ……」と、私物のメガネを撮影セットの外まで取りに行き、勝負に対する必死さを垣間見せる場面も。さらに、キャラクター選択画面へ行く前に「設定させて!設定させて!」というザコシショウの懇願により「OPTION」画面へ。ボタン設定からカスタマイズしようとすることに対して関は「『OPTION』からやる番組ってあるんすか!?(笑)」と突っ込み、笑いを誘っていた。

 そして、関がガイル、ザコシショウがベガを選んで開戦。設定した甲斐あってか、第1ラウンドは接戦の末、ザコシショウが勝利。関は「悔し~!」と言って頭を抱えた。続く第2ラウンドは、まさかのダブルノックアウト。つまり引き分けで、勝負の行方はまたも第3ラウンドへ。手に汗握るギリギリの攻防が続き、最後はベガのパンチでザコシショウが見事勝利。この結果、「ハリウッド軍団」と「二郎会」の1勝1敗という扱いになり、平子からは「だから、何もやってねぇのと一緒ですよ!」と辛辣な指摘を受けていた。

      

「ハリウッドザコシショウとハチミツ二郎率いる芸人軍団がガチンコゲームバトル 「小っちゃい昇竜拳出すんじゃねぇ!」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版