>  > 齋藤飛鳥、白石&衛藤&松村の乱入に大喜び

乃木坂46齋藤飛鳥、『のぎおび⊿』で白石麻衣&衛藤美彩&松村沙友理の乱入に大喜び「いや~、いい人たちだ(笑)」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。10月3日の放送では、齋藤飛鳥が登場した。

 番組冒頭、スタジオの扉を叩く音が。齋藤が「誰じゃコンコンしてんのは? 誰~?(笑)」と言うと、「やっほー!」という掛け声と共に衛藤美彩&松村沙友理が乱入した。もう一人、「飛鳥ちゃん、チュッチュ!」と言いながら、白石麻衣も登場。ほんの数秒だけカメラに映り込んだ3人から去り際に「頑張ってね~! お姉さまたち応援してるから!」と激励されると齋藤は「うれし~! ありがとう! いや~、いい人たちだ」と素直に喜んでいた。

 まずは、毎回恒例となっている宿題のコーナーへ。前回配信を担当した秋元真夏が齋藤に用意した宿題は「『あの頃、君を追いかけた』のはやせまなちゃんになりきって下さい!!」というものだった。この宿題に際して秋元が用意した「あすかちゃんへ プレゼントです まなつ」と書かれた茶封筒を開封すると、そこには猫耳が。この“プレゼント”を見た斎藤は、「また、やりやがった……まなっちゃん」とつぶやいた。さらに、宿題が記載されたフリップボードをめくると、「(1)封筒をあけましょう。(2)装着します。(3)「ニャンニャン」と言ったあとに「また変なこと言ってる」(まなちゃんになりきって)と我に返って言う」という宿題の詳細が書かれてあり、齋藤は「何を言ってるんだろう、この人は……」と呆れていた。

 斎藤は、自身が主演を務める現在公開中の映画『あの頃、君を追いかけた』で、親友役の松本穂香から猫耳を付けられるシーンがあり、それにちなんで秋元がこのような宿題を用意したのだと説明。「気が向かね~、どうしよう(笑)」と嫌がりながらも猫耳を装着した斎藤は「すっごい恥ずかしい! どうしよう(笑)」と照れつつ、宿題を完遂。「終了でーす。もう今日は終了でーす。パワハラですね、ここまでくると。流行りのパワハラ。そういうこと言っちゃいけないか、ごめんなさい(笑)」と言って、番組の進行に戻った。

      

「乃木坂46齋藤飛鳥、『のぎおび⊿』で白石麻衣&衛藤美彩&松村沙友理の乱入に大喜び「いや~、いい人たちだ(笑)」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版