ビジュアルで歌詞を楽しめる「Lyric speaker」の進化形、レコード×最新テクノロジーが登場!

 昨今、CDを購入する機会が減り、歌詞カードを見て楽曲を楽しむことも少なくなったというリスナーも多いのではないだろうか。しかし歌詞の意味を理解して聴くことで、さらにその楽曲の魅力を感じられる場合もある。数々の音楽好きなリスナーから注目を集めているのが、歌詞が表示されるスピーカー「Lyric speaker」。Wi-Fiを使ってスピーカーに接続し、スマートフォンから楽曲を再生するとスピーカーの画面に歌詞が表れるのだが、ロック、ポップスなど曲調などによって表示される歌詞のグラフィックが異なるのも面白いところ。メジャーレーベルからリリースされている邦楽に加え、有名楽曲を中心とした洋楽など240万曲以上に対応している。「音楽の力を存分に味わうため」(参考:「Lyric speaker」公式ページ)に開発したというだけあり、ハイレゾ音源も再生可能で純粋にスピーカーとしてのクオリティも高い。

Lyric speaker/リリックスピーカー – 歌の力のすべてを
Lyric speaker

 そんなLyric speakerの技術を取り入れた製品として、新たに「COTODAMA レコードプレーヤー」が登場。4月29日まで二子玉川 蔦屋家電にて展示されている同製品でレコードを再生すると、プレイヤーに埋め込まれたマイクが曲を認識し、クラウドから該当する歌詞をリアルタイムでディスプレイに表示する。Lyric speakerと異なり、まだ実用化はされていないものの、コアな音楽ファンにはたまらない製品だ。レコードをかけながら歌詞カードをじっくりと読み込むのではなく、ディスプレイに表示される歌詞を視覚的に楽しむ。古き良き音を楽しみながらも、最新鋭のテクノロジーに触れるという、非常に贅沢な体験だ。レコードの温もりのあるサウンドと、近未来的な技術を用いた仕組み、また透過ディスプレイによって歌詞が宙に浮かんでいるように見えるプレイヤー、というアナログと最新テクノロジーのギャップも楽しめる。

Cotodama Record Player – Once you play the vinyl, The lyric floats.-

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる