『366日』“明日香”広瀬アリスと“遥斗”眞栄田郷敦が起こした“奇跡” それぞれの恋が動き出す

『366日』明日香と遥斗が起こした“奇跡”

 人生には波があり、調子が良いときもあれば悪いときもある。恋と愛の違いは、その両方を共有したいと思えるかどうか、なのかもしれない。『366日』(フジテレビ系)第7話では、それぞれの恋愛が動き出す。

 自身が勤める音楽教室で受付とクラリネット講師を兼務することになった明日香(広瀬アリス)。室長の山浦(赤ペン瀧川)からクリスマスイベントの企画担当になってみないかと打診され、大役の指名にためらいながらも引き受けるなど、以前とは比べ物にならないくらい前向きになった。

 事故の影響による記憶障害を抱えながらも新しく生き直そうとしている遥斗(眞栄田郷敦)の影響もあるのだろう。その遥斗もついに退院し、妹・花音(中田青渚)の家から元の職場へ通うことに。まずは働きやすい部署で、簡単な仕事を覚えていく。明日香も遥斗に寄り添い、2人は一緒に未来を歩み始めた。

 そんな中、遥斗は同僚の木嶋(岐洲匠)から自身が手がけた店「パトリア」で臨時のキッチンカーを出すことを聞き、出店の手伝いをかって出る。その日は、明日香の誕生日だったが、高校時代以降の記憶を失ったままの遥斗は当然覚えていない。

 音楽教室の生徒・静原(前田公輝)の彼女で、フルート奏者の樋山(鈴木絢音)から演奏会のペアチケットをもらい、遥斗と誕生日を一緒に過ごそうと思っていた明日香。だが、遥斗も大変な時期だからと伝えるのを遠慮し、後日それを知った遥斗と気まずい雰囲気になってしまう。その時、遥斗は人から気を使われることに敏感になっていた。高次機能障害の症状で段取り良く物事を進め、同時に複数の仕事をこなすのが難しく、職場でも迷惑をかけてしまうことが多い遥斗。けれど、遥斗の事情をわかっているから誰も責めようとしなかった。それは周りの優しさではあるけど、遥斗からしてみれば線を引かれているように思えてしまうのだろう。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる