『Destiny』から『シティーハンター』まで “4つの顔”で世界を席巻する安藤政信

安藤政信、”4つの顔”で世界を席巻

 いま、俳優の安藤政信が世界を席巻している。

 ドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)が放送中であり、映画『陰陽師0』が全国で公開中。さらには、ドラマ『フクロウと呼ばれた男』(ディズニープラス)が全世界で配信中であり、Netflix映画『シティーハンター』もまた世界中で配信中。1996年に映画『キッズ・リターン』でデビューを果たし、そのキャリアも30年に届こうとしている安藤が、いま世界にその名を轟かせている。

 現在、最新の安藤の姿を確認できる作品はそれぞれ毛色が異なるもの。医者、陰陽師、ビジネスマン、元刑事のスイーパー(始末屋)ーー彼が演じているのは一人ひとりがまったく異なるキャラクターだ。すべてに触れている方は、その振れ幅の大きさに驚いていることだろう。とくに近年の安藤の活動には驚かされてばかりだ。なぜ彼はこんなにも愛されるのだろうか。

 『Destiny』で安藤が演じているのは、外科医の奥田貴志。主人公・西村奏(石原さとみ)の恋人で、ともに暮らしている。外科医の貴志も検事である奏も忙しい日々を過ごしているが、関係は良好。そんなところへ、12年前に起きたある事件以降、姿を消していた奏の元恋人・真樹(亀梨和也)が現れる。こうして歪な三角関係が展開しているのだ。つねに胸がザワつくドラマである。

『Destiny』©︎テレビ朝日

 貴志はまさに「人格者」だといえる人物。いつどんなときでも冷静沈着で感情的になることがなく、穏やかで包容力のある性格の持ち主だ。安藤の演技は淡々としていて、セリフの調子もアクション(=挙動)も、出演者の中で彼がもっとも安定している。

 個々のキャラクターの感情が絶えず揺れている本作において、彼が担う役どころは極めて重要だ。登場人物の激しい心の揺れというものは、その多くが視聴者/観客の心をも揺さぶるもの。彼ら彼女らの不安定さから、私たちはスリルを得る。だがそのような作品で貴志までもが不安定でいては、全体のバランスが取れず、やがては収拾がつかなくなってしまうことだろう。

『Destiny』©︎テレビ朝日

 主人公の奏は元恋人の出現と過去の記憶とに翻弄されるが、貴志という拠り所があることでどうにか立つことができている。奏にとっても私たちにとっても、“安藤政信=奥田貴志”の存在はなくてはならない

 しかしそのいっぽう、貴志もまた感情を覗かせるようになってきた。必死に抑えようとしているものの、それでもどうしたって溢れ出てしまう、といった具合だ。感情というのは積極的に出そうとせずとも、それが強ければ強いほど、周囲に漏れ出るもの。けれどもこれは映像作品なのだから、共演者に伝わったとしても、視聴者にまで伝わらなければ表現として成立しているとは言い難い。このあたりのさじ加減は、豊富な経験を持つ安藤だからこそのものなのだろう。彼が心の揺れをのぞかせたとき、私たちはより深く『Destiny』の世界に引きずり込まれるのだ。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる