『金曜ロードショー』で森田宏幸監督『猫の恩返し』放送決定 5月3日に本編ノーカットで

『金曜ロードショー』で『猫の恩返し』放送へ

 スタジオジブリ制作、森田宏幸監督のアニメーション映画『猫の恩返し』が、5月3日に日本テレビ系『金曜ロードショー』で放送されることが決定した。

 『耳をすませば』の原作者でもある柊あおいのコミック『バロン〜猫の男爵』(徳間書店刊)を原作としている本作。『耳をすませば』の主人公・月島雫が描いた物語という発想の作品で、猫男爵の人形・バロンや、ブタネコのムーンといった猫が登場する。

 高校生のハルは普通の女の子。車に轢かれそうになった猫を助けたが、その猫が猫の国の王子様だったため“恩返し”に猫の国に招待されることに。「このまま猫になってもいいかも」と感じたハルは徐々に猫の姿になっていき、一見天国に思えた猫の国の恐ろしさに気づいていく。その時、ハルを救うべく、猫の男爵・バロンが颯爽と現れる。ハルの相談に乗り、力になることを約束するバロン。しかし、そこに猫の大群が乱入し、ハルが“猫の国”へ連れ去らわれてしまう。果たしてハルは無事に元の世界に帰ることができるのか。

 原作の『バロン〜猫の男爵』は、宮﨑駿からの依頼で、柊がストーリーを考え、書き下ろし漫画にしたもの。宮﨑の依頼は、『耳をすませば』に登場したバロンとムタ(ムーン)、地球屋を使ってアニメの原作を描いてほしいというものだった。

 柊は、物語を考え始めたとき、バロンとムタが活躍する以上、自分が普段書いている少女漫画ではなく、ファンタジーとして展開させていくことを考えたという。どこにでもいる普通の17歳の女子高生・ハルというキャラクターは、ファンタジーを書くにあたり、見る人が感情移入して、一緒に物語の世界に入っていける人物として考え出された。そして、猫男爵バロンを登場させるため、『耳をすませば』の雫が成長して書いた物語ということにしたことを明かした。

 5月3日放送の『金曜ロードショー』では、番組後半に「ジブリ作品の様々な生きもの」を特集。本作で活躍するバロンやムタをはじめ、『魔女の宅急便』のジジや、『となりのトトロ』ネコバス、『もののけ姫』のヤックルやヤマイヌ、『ハウルの動く城』のヒンなどの魅力が紹介される。

20240412-nekono-05
20240412-nekono-04
20240412-nekono-03
20240412-nekono-02
20240412-nekono-01
previous arrow
next arrow
20240412-nekono-05
20240412-nekono-04
20240412-nekono-03
20240412-nekono-02
20240412-nekono-01
previous arrow
next arrow

■放送情報
『猫の恩返し』
日本テレビ系にて、5月3日(金)21:00~22:54放送
※本編ノーカット放送
監督:森田宏幸
企画:宮﨑駿
声の出演:池脇千鶴、袴田吉彦、前田亜季、山田孝之、佐藤仁美、渡辺哲、斎藤洋介、岡江久美子、丹波哲郎ほか
©2002 Aoi Hiiragi/Reiko Yoshida/Studio Ghibli, NDHMT

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる