柿崎ゆうじ監督×出合正幸×竹島由夏が語る、『コウイン ~光陰~』で追求した警備のリアル

出合正幸×竹島由夏×柿崎監督『光陰』語る

 4月12日に公開される映画『コウイン ~光陰~』の監督を務めた柿崎ゆうじと、W主演の出合正幸、竹島由夏の鼎談インタビューコメントが到着した。

 本作は、民間警備会社の生き様を描いた『第二警備隊』(2018年)の続編として製作され、監督の実体験をもとに作られている。

 柿崎は、民間警備会社を舞台にした映画を再び作ろうとしたきっかけについて、「今、ウクライナ戦争、パレスチナ問題はじめ、世界中が不安定な世の中になっていまして、日本を取り巻く環境も決して安全とは言えない状況にある。その中で、民間の警備会社がどんな仕事をしているのか、どんな苦労をして人を守っているのかということをぜひ知っていただきたいという思い、そして、『第二警備隊』の頃から比べますと、技術も変わり、環境も変わっていますので、進化したエステックを見せたいという思いで製作しました」と明かした。

 主演の出合と竹島は、本作の制作が決まったことを聞いた時、どのように感じたのか。出合は「最初にイメージしたのは、『第二警備隊』の高城をもう一度演じる、ということだったんです。ところが、監督から今回はあれから10年後の話だと。成長した高城を見せてほしいと言われたので大きな衝撃を受けました。10年で、高城がどう成長し、隊員たちとどう接するようになったのかをできるだけ見せたい。そこで、見栄えから動き方から、前作の高城とは差をつけたつもりです」と、前作からの成長を意識したことを明かした。

 竹島は「前作は、監督の実体験をもとにしたドキュメンタリーに近い作品で、佐野という役も実際にモデルがいましたので、真実を伝えるという映画でした。私自身、前作に関わって、世の中に対する意識が変わり、『第二警備隊』で描かれていることは実際に起こり得るのだと思うようになりました。本作でも、女性が警護の仕事をしていることが描かれていますが、ウクライナ戦争でもまさに多くの女性が戦士となって戦っています。そういうことを、本作の中で、私が女性として表現できたらと思いました」と思いを吐露。続けて「佐野は、元不良という変わった設定の女性ですが、警備隊としての仕事を全うしているところを多くの方に観ていただきたいです。リアリティにこだわって演じさせていただきました」とコメントした。

 そうしたそれぞれの“変化”をふまえて、完成した映像について竹島は「佐野は、前作の冒頭では警備隊に入社したての新人でした。それから時を経て、現場にも出るようになった佐野の10年間をどう作り込むかという時に思ったのは、元不良で、今まで真っ当な人生を歩んでこなかった佐野が、エステックに入って初めて人のためになる仕事をした、自分の仕事とても意義を感じた、ということでした。仕事に情熱を注いで、正義感を持って。ただ、根が不良なので表現の仕方がやや暴力的ではあるんですが、彼女にとって仕事が恋人であり、彼女に女性らしさが唯一あるとすれば、仕事に恋愛をしている、それくらいの気持ちを持って仕事を全うしている。そういう佐野を私は本作で表現したかったです。そして、完成した作品を観ての私の第一印象は、『佐野は女じゃないな』でした(笑)」と本音を明かした。

映画『コウイン ~光陰~』予告編 4.12公開

 さらに「仕事に全然女を出していないですし、喋り方も何もかも。でもそれって、究極、命を懸けて闘っている姿が、男でも女でもなく、懸命に生きているひとりの人間がそこにいただけかなと。それは、前作で入社した時からの佐野の成長でもあり、佐野の生き方というものがこの作品の中で表現できたのかなと思います。そしてそれは、高城さんはじめエステックのメンバーとの強い絆があるからこそ、信頼する人がいるからこそ、自分が命を捨てても構わないという意識になったと思います。そういう意識が、本作の佐野に表現されているんじゃないかなと思います」と佐野の生き方について語った。

 出合は「これは監督とも一緒にこだわったことなんですが、私は、見た目から意識しました。前作の設定は、撮影時よりも十数年ほど前の話だったので、7~8キロ増量して当時のスーツが似合う体形にして挑んだんです。年齢の設定も若かったので、体形を役にはめていきました。今回は、実年齢なんです。でも私は実年齢に見られないタイプなので、今回は6~7キロくらい減量して60キロくらいにし、顔に皺を増やして年齢に合わせました。過酷な現場なので、細身の方が人間的な色を出るのではないかと思い、真逆の体形調整をしたのです。それから、前作の高城は、敬愛する先輩を追いかけるという気持ちが強かったんですね。ですが今回は、追いかけていた人が亡くなって自分はどうすればよいのか、という問いに軸を置きました。追いかけていた人の言葉や行動が自分の中に残っていて、それを自分で体現しようとする。しようとするのですが、自分のチームの隊員への思いや外的要因から葛藤するんです。エステックの隊員としても、人間としても、高城というキャラクターをより複雑に表現しました」と、細部までこだわった役作りを明かした。

 出合が“過酷な現場”と口にしたことについて、柿崎は現場がどのような状況だったかについて語った。「過酷ということでは、まずひとつには、場所、ですね。標高が1100メートルくらいあって、なにしろ寒暖の差が激しく、天候も不安定なんです。スタッフも俳優も、身に堪えるという過酷さがひとつ。それから、やはり過酷な物語を描いていますので、俳優の精神状態もどうしても過酷にならざるを得ない。撮っている我々スタッフも、俳優に寄り添っていこうとするので、当然気持ちの上でも同じ線上に立つ。振り返ると、心身ともに過酷だったように思いますね」と、過酷な現場を俳優とスタッフ一丸となって乗り越えたことを明かした。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる