新木優子、『さよならマエストロ』“魔性の女”役を語る 俊平には「しっかり恋に落ちている」

新木優子、『さよならマエストロ』を語る

 TBS日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』に出演中の新木優子のインタビューコメントが公開された。

 本作は、TBS金曜ドラマ『凪のお暇』(2019年)、『妻、小学生になる。』(2022年)などを手がけた大島里美脚本のオリジナルストーリー。世界的天才指揮者の夏目俊平(西島秀俊)とその娘・響(芦田愛菜)の物語が紡がれていく。

 新木が演じるのは、プロのオーケストラで活躍するフルート奏者・倉科瑠李。音楽には真剣だが、恋愛絡みで事件を起こして数多のオケをクビになってきた。狙った獲物は決して逃がさない通称“カルメン”。フルートの腕は確かで、晴見フィルハーモニーから何度もスカウトされているが、断り続けていた。しかし俊平に誘われ、晴見フィルに参加することに。

 第5話では、瑠李(新木優子)が俊平に狙いを定めて積極的なアプローチを開始。それが響と、志帆(石田ゆり子)に思いを寄せる古谷(玉山鉄二)の誤解を呼び波乱の展開に……。さらに響と大輝(宮沢氷魚)の間にもほのかな恋の兆しが芽生える様子が描かれた。

 折り返し地点を迎えた本作。新木はここまでの展開について、「リアルな人間模様が魅力」と振り返る。

「後半に向けて晴見フィルの音楽の厚みも増していっていますし、それぞれの人間模様がリアルで刺さるなと思っています。登場人物それぞれにとっての様々な悩みに丁寧に焦点が当てられているなと。俊平と響の親子関係もリアルですよね。響の思春期の時のような両親に対する態度や、親に甘えづらくなった子供の親との妙な距離感というか。今さら引くに引けなくなって反抗してしまう響を愛菜ちゃんが素敵に演じられていて、きっとそれは見ているどの世代の方も共感するんじゃないかと思います。家族みんなで見ながら『私にもこういう時があったな』とクスッと笑って一緒に温かい時間が持てるような、そんな前半戦が私はすごく好きです」

 新木が演じる瑠李は“魔性の女”と呼ばれている。そんな瑠李は新木にとっても演じがいがあるようで、「個人的に、この作品の前の作品でもまた違った角度の魔性の女を演じていて(笑)。“魔性”にもいろんな色があるんだなと感じています。観てくださった方から『今回の役が一番好き』と言っていただくこともあってうれしいです。瑠李は、彼女のテーマ曲が“カルメン”というところでも分かるとおり、かなり情熱的で狙った獲物は逃さないタイプ。でも陰ではしっかりフルートを練習していて、人には見せない努力をしているんです。そして恋愛面では、自分にその気がなくても相手が誘惑されてしまうような、不思議な魅力を持ったキャラクターでもあって。自分の思っていないところで違う方向に行ってしまう不器用なところも瑠李らしさだと思うし、愛らしいなと思っています」と彼女自身も瑠李に魅了されていることを明かした。

 第4話から動き出した「瑠李の俊平への恋心」について、新木はどのように捉えているのだろうか。

「俊平さんはあまり瑠李のタイプではなさそうな男性ですよね。前のオーケストラでも、バチッと恋の火花が散った相手は、ホルン奏者でちょっと色気のある感じの男性でしたし。だから『まさかマエストロに……』っていう意外な組み合わせだと思いますが、その気持ちはすごく分かるというか。俊平さんは人間味に溢れていて無邪気、それでいて相手としっかり向き合ってその人の芯の部分を見てくれる。きっと瑠李の陰の努力も見てくれていると思うし、瑠李は俊平のそういうところをちゃんと汲み取って、しっかり恋に落ちているのかなと思います」

 第6話では瑠李のパーソナルな部分も描かれるという。新木は第6話について、「瑠李には“魔性の女”という肩書きはありますが、なぜそうなったのか、瑠李って実はどんな人なんだろうというのが、特に第6話でかなりひも解かれていくので楽しみにしていただきたいです。晴見フィルのみんなとの絆も深まり、瑠李の心情に一緒に寄り添っていくストーリーになっています」と見どころを語った。

 最後に、第6話以降の展開に向けて次のようにメッセージを送った。

「後半の台本は、私自身読んでは泣いてを繰り返すくらい、人と人との絆が色濃く描かれていて。やっぱり人って一人では生きてけない。オーケストラと一緒で、一人ではその音しか出せないけれど、いろんな音が加わっていくことで全く別のハーモニーにもなるし、どんなハーモニーにも変えていける。不協和音かもしれないと思ったものが実は心地よかったりもする。そういったところを皆さんにも感じ取っていただきたいなと思います。私は学生時代に吹奏楽部でトランペットをやっていたのですが、その時にも感じていた音を奏でる素晴らしさを改めてこの現場でも味わいながら楽しくやらせていただいていて。その温かい空気感も、観てくださる皆さんに伝わったらいいなと思います。そしてこのドラマを観た人が『楽器をやってみたいな』と思ってくださるとうれしいですし、自分の中の新たな音色を奏でるきっかけになるような、後半のストーリーも素敵な物語になっていると思います」

■放送情報
日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』
TBS系にて、毎週日曜21:00〜21:54放送
出演:西島秀俊、芦田愛菜、宮沢氷魚、新木優子、當真あみ、佐藤緋美、久間田琳加、大西利空、石田ゆり子、淵上泰史、津田寛治、満島真之介、玉山鉄二、西田敏行
脚本:大島里美
音楽:菅野祐悟
撮影監督:神田創
音楽監修:広上淳一(東京音楽大学)
全面協力:東京音楽大学
企画プロデュース:東仲恵吾
プロデュース:益田千愛
演出:坪井敏雄、富田和成、石井康晴
©TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/sayonaramaestro_tbs/

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる