『ブギウギ』趣里の弟役・黒崎煌代はブレイク必至? 制作統括が明かす“天性の素朴感”

『ブギウギ』黒崎煌代はブレイク間違いなし?

 NHK連続テレビ小説『ブギウギ』が現在放送中。“ブギの女王”と呼ばれる笠置シヅ子をモデルに、大阪の銭湯の看板娘・花田鈴子=福来スズ子(趣里)が戦後のスターへと上り詰めていく姿を描く。

 第19話では、法事のためにスズ子と弟・六郎が香川へ向かう。アホのおっちゃん(岡部たかし)の発言から「自分とスズ子が本当の姉弟ではないのかもしれない」と疑い続けてきた六郎は、この旅で真実を確かめようとしていた。

 その六郎を演じるのは、現在21歳の黒崎煌代。どこか憎めない愛らしい雰囲気はそのままに、第3週より子役から大人キャストへ引き継がれた。

 黒崎は、2022年に行われた「レプロエンタテインメント30周年企画『主役オーディション』」で、約5000人の応募者の中から合格を勝ち取り芸能界入り。ベテランキャストに埋もれることなく抜群の存在感を放つ黒崎だが、実はこの『ブギウギ』が俳優デビュー作となる。

 六郎役は、300人以上が参加したオーディションで決定。制作統括の福岡利武は、黒崎の“素朴さ”に惹かれて起用を決めたと明かす。

「オーディションというと、しっかりキャラクターを作って『やるぞ!』という方が多い中、黒崎くんはあまりにもピュアで。20歳でしたが、磨けば光る逸材だとみんなが感じていました。六郎は非常に大事な役なので慎重に選びましたが、天性の素朴感が決め手になりました」

 撮影に入ってからもその印象は変わらず、福岡は「自分が台本を読んで感じたことを一生懸命やろう、という向き合い方がとても素敵です。その素朴さが、そのまま演技に出ているので面白い」と太鼓判。「六郎にはこの先まだまだ見どころがあるので、楽しんでいただけたら」と呼びかけた。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる