役所広司、『VIVANT』2人の“息子”を絶賛 最終回は「積み上げてきたすべてが絡んでくる」

役所広司、ノゴーン・ベキ役を語る

 TBS日曜劇場『VIVANT』に出演している役所広司のインタビューコメントが公開された。

 堺雅人が『半沢直樹』シリーズ(TBS系)以来、3年ぶりに日曜劇場の主演を務める本作は、『半沢直樹』シリーズなどを手がけてきた福澤克雄が演出だけでなく原作も手がける完全オリジナルストーリー。

 役所が演じるのは、乃木憂助(堺雅人)の父・乃木卓(=ノゴーン・ベキ)。第9話は、裏切りが発覚した乃木をベキが処刑する寸前で幕を閉じた。

 役所は本作の台本を受け取ったときの印象を次のように語る。

「とても壮大な脚本で、福澤(克雄)監督らしいといいますか。監督は、ラグビーをやられていたせいか、とても力強く不死身な感じがするんですよね。TVドラマとして、何かを変えようと挑戦している姿勢が見てとれる脚本ですし、そういう思いを込めた監督の原作であり、全員が“ついていこう”と思える作品です」

 また、第1話から役所にも視聴者の反応は届いていたようで、「脚本の仕掛けや、奇想天外な展開、それぞれのキャラクター、そして雄大な景色から始まったので、皆さんが今まで見たテレビとは違うスケールを感じてくれているなという印象です。そして何と言っても予想のつかないストーリーが、大きな吸引力となっていると感じています。僕も視聴者と皆さんと同じ感覚で観ていました」とコメント。

 役所は主演を務めたTBS日曜劇場『陸王』でも福澤監督とタッグを組んでいる。再びの福澤組の雰囲気を役所は「関わった全員が力をつけていく」と明かす。

「『陸王』以来、福澤組に呼んでいただいて、特に今回は“福澤祭”といいますか、今まで福澤さんにお世話になった俳優さんたちが集まって、お祭りを真剣に楽しむという現場なので、緊張感とともに楽しさがあります。監督の人格とリーダーシップが、撮影現場の中で若いスタッフさんを育てていて、僕たち俳優も一緒に育てられています。関わった全員が力をつけていく雰囲気が福澤チームにはとてもあるんです」

 モンゴルでの撮影については、「モンゴルのシーンは“CGなのでは?”と間違えてしまうぐらい、壮大なものでしたね。360度どこをとっても、素晴らしい景色と環境で。今回、モンゴル人のスタッフさんも多く参加してくれましたが、僕が中盤にロケに参加する頃には日本チームとモンゴルチームが、とても良いチームワークになっていました」と振り返る。

 “息子”堺雅人とは、「ドラマで共演したい」と以前から話していたという。

「以前、CMで共演した時に『いつかドラマでご一緒したいですね』と話していて、それが実現したのがとても嬉しいです。『VIVANT』というドラマの大黒柱ですから、背負っているものも大きいと思いますが、彼はそれにふさわしい俳優さんだと思います。しっかりと根を張っているといいますか、そういう信頼感は、僕たち共演者たちも感じているのではないでしょうか。堺君が毎回テストから本番に向けて、本当に素晴らしい芝居をしているので、周りもそれに引っ張られて緊張しますし、スタッフも失敗できないという雰囲気にもなります。堺君が福澤チームの中でいつも中心にいることがとても理解できます」

 同じく“息子”であるノコル役の二宮和也については、「さすが」と絶賛。

「映画の受賞式で挨拶をしたことがある程度でしたが、彼の作品を観て以前から素晴らしい俳優さんだということは知っていました。物語全体の中で、ノコルという役が、どうすればキャラクターとして存在できるのかということを、貪欲に作り上げていく二宮君はさすがだと思いましたね。乃木への嫉妬や、自分の欠点も含めて人間的に表現していて、このドラマは、二宮君演じるノコルも成長している物語だとも言えるのではないかと思います。彼はそこを細かい計算をしながら、ノコルという人間の人生を生きているような気がしますね。待ち時間はのんびりと喋っていますが(笑)」

 最後に最終回へ向けて視聴者へ向けて次のようにメッセージを送った。

「原作者である福澤監督が、最終回にもいろいろな仕掛けを入れているので、ハラハラドキドキしていただければと思います。冒険の物語の中にも人間ドラマがあり、第1話から積み上げてきたすべてが絡んでくる第10話。余韻が残り、まだ先を知りたいと思える最終回なのではないでしょうか」

■放送情報
日曜劇場『VIVANT』
TBS系にて、毎週日曜21:00~21:54放送
※最終話は79分SP
出演:堺雅人、阿部寛、二階堂ふみ、竜星涼、迫田孝也、飯沼愛、山中崇、河内大和、馬場徹、Barslkhagva Batbold、Tsaschikher Khatanzorig、Nandin-Erdene Khongorzul、渡辺邦斗、古屋呂敏、内野謙太、富栄ドラム、林原めぐみ(声の出演)、二宮和也、櫻井海音、Martin Starr、Erkhembayar Ganbold、真凛、水谷果穂、井上順、林遣都、高梨臨、林泰文、吉原光夫、内村遥、井上肇、市川猿弥、市川笑三郎、平山祐介、珠城りょう、西山潤、檀れい、濱田岳、坂東彌十郎、橋本さとし、小日向文世、キムラ緑子、松坂桃李、役所広司
プロデューサー:飯田和孝、大形美佑葵、橋爪佳織
原作・演出:福澤克雄
演出:宮崎陽平、加藤亜季子
脚本:八津弘幸、李正美、宮本勇人、山本奈奈
音楽:千住明
製作著作:TBS
©︎TBS

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる