シャルロット・ゲンズブール主演『午前4時にパリの夜は明ける』2023年4月公開決定

C・ゲンズブール主演作、4月公開

 シャルロット・ゲンズブールが主演映画『The Passengers of the Night(英題)』が、『午前4時にパリの夜は明ける』の邦題で2023年4月に公開されることが決定。あわせて、ティザービジュアルが公開された。

 1981年のパリ。街は選挙の祝賀ムードに包まれ、希望と変革の雰囲気で溢れていた。そんな中、エリザベートの結婚生活は終わりを迎える。ひとりで子供たちを養うことになったエリザベートは、深夜放送のラジオ番組の仕事に就くことに。そこで出会った家出少女のタルラを自宅へ招き入れ、交流を重ねるなかでエリザベートやその子供たちの心に変化が訪れる。夫との別れ、芽生えた恋、子供たちの成長、そして下した決断とは。

 主演を務めたのは、『なまいきシャルロット』で初主演にしてセザール賞有望若手女優賞を受賞、『ブッシュ・ド・ノエル』でセザール賞最優秀助演女優賞、『アンチクライスト』でカンヌ国際映画祭の女優賞受賞のゲンズブール。

 監督を務めたのは、前作『アマンダと僕』でヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門受賞、東京国際映画祭でグランプリと最優秀脚本賞W受賞のミカエル・アース。本作は12月1日より開催される「フランス映画祭2022 横浜」にて上映が決定しており、アース監督の来日も予定されている。

 公開されたティザービジュアルには、「80年代パリ――ある家族の7年の物語」というコピーとともに、主人公・エリザベートが家族に囲まれ幸せそうに微笑む姿が写されている。そして背景には朝焼けに包まれるパリの景色が広がっている。

■公開情報
『午前4時にパリの夜は明ける』
2023年4月より、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほか全国公開
監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アメリーヌ、マリエット・デゼール
プロデューサー:ピエール・ギュイヤール
撮影:セバスティアン・ビュシュマン
編集:マリオン・モニエ
音楽:アントン・サンコー
出演:シャルロット・ゲンズブール、キト・レイヨン=リシュテル、ノエ・アビタ、メーガン・ノーサム、ティボー・ヴァンソン、エマニュエル・ベアール、ロラン・ポワトルノー、ディディエ・サンドル
2022年/フランス/カラー/111分/R15/ビスタ/原題:LES PASSAGERS DE LA NUIT
配給:ビターズ・エンド
© 2021 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる