ナチス占領時代の貴重な映像も 『ファイナル アカウント』30秒予告&場面写真公開

『ファイナル アカウント』予告&場面写真

 8月5日に公開されるドキュメンタリー映画『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』の30秒予告と場面写真が公開された。

 ヒトラー率いるナチス支配下のドイツ“第三帝国”が犯した人類史上最悪の戦争犯罪、ホロコースト。本作は、武装親衛隊のエリート士官から、強制収容所の警備兵、ドイツ国防軍兵士、軍事施設職員、近隣に住む民間人まで第三帝国に参加したドイツ人高齢者たちにインタビューを実施し、加害者側の証言と当時のアーカイブ映像を記録したドキュメンタリーだ。

 メガホンを取ったのは、イギリス出身のドキュメンタリー監督、ルーク・ホランド。ホランド監督は、10代になって初めて、母がウィーンからのユダヤ人難民で、祖父母はホロコーストで殺害されたというルーツを知った。その後、ホランド監督は2008年から10年の歳月をかけて250以上のインタビューを行い、本作完成直後の2020年6月、71歳で癌で亡くなった。

映画『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』予告編

 公開された30秒の予告編では、ナチス占領時代の映像が映し出され、「これは前代未聞のドキュメンタリー映画だ。ナチス・ドイツの子供たちによる最後になるであろう証言」というナレーションに続き、第三帝国に関わった市井の人々の現在のインタビュー映像が映し出される。

 続けて、「目をくらまされるな!」と若者たちに必死に訴えかける元武装親衛隊員の言葉や、顔を両手で覆う女性の姿が捉えられ、ザ・タイムズ紙が「タイムリーかつ不吉な予兆」「日常に潜む悪」、ガーディアン紙が「過去が現在に語りかける」と本作を絶賛する海外メディアの評価が並ぶ。

 あわせて公開された場面写真では、元武装親衛隊員の老人が勲章や徽章を並べて見せる様子や、ナチス政権下時代のドイツ市民たちが第三帝国の国旗を背に、笑顔でナチス式敬礼をする様子などが切り取られている。

20220629_finalaccount_04
20220629_finalaccount_02
20220629_finalaccount_03
20220629_finalaccount_01
previous arrow
next arrow
20220629_finalaccount_04
20220629_finalaccount_02
20220629_finalaccount_03
20220629_finalaccount_01
previous arrow
next arrow

■公開情報
『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』
8月5日(金)TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほかにて全国ロードショー
監督・撮影:ルーク・ホランド
製作:ジョン・バトセック、ルーク・ホランド、リーテ・オード
製作総指揮:ジェフ・スコール、ダイアン・ワイアーマン、アンドリュー・ラーマン、クレア・アギラール
アソシエイト・プロデューサー:サム・ポープ
編集:ステファン・ロノヴィッチ
追加編集:サム・ポープ、バーバラ・ゾーセル
音楽監修:リズ・ギャラチャー
2020年/アメリカ=イギリス/ドイツ語/94分/カラー(一部モノクロ)/ビスタ
配給:パルコ、ユニバーサル映画
宣伝:若壮房
(c)2021 Focus Features LLC.
公式サイト:https://www.universalpictures.jp/micro/finalaccount/



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる