『社内お見合い』で話題沸騰 アン・ヒョソプの“オン・オフ”を堪能できる韓国ドラマ4選

アン・ヒョソプを堪能する韓国ドラマ4作

 Netflixで配信中の韓国ドラマ『社内お見合い』でエリート社長を演じ、いま大注目の俳優アン・ヒョソプ。既に次回作も報じられており、人気台湾ドラマ『時をかける愛』のリメイク作に出演予定だ。正義感溢れるキャラクターからコミカルな役柄まで、幅広く演じる彼のおすすめ出演作をいくつか紹介したい。

『社内お見合い』(2022年)

『社内お見合い』(SBS公式サイトより)

 親友の代打でお見合いをすることとなった主人公と社長の、偽装恋愛から始まるラブコメディ。全12話×60分の作品で、展開は爆速だ。ただテンポが良いというよりは、悶えるような神シーンや、笑わずにはいられない名シーンが詰め込まれており、ついつい観返したくなる。また、意地悪なキャラクターが少ない点も安心して楽しめるポイントの一つ。芯を持ったキャラクター設定が良く、自分の意思で道を切り開いていくのが心地良い。さらに、主人公と社長の友人がそれぞれ親友のような関係性のため、恋愛に加えて友情やブロマンスも同時に堪能できるのが、面白さを加速させている。

 アン・ヒョソプは、自信に満ち溢れた敏腕社長カン・テムを演じる。仕事一筋で、恋愛には一切興味のない男性だ。祖父の説得によって、半強制的にお見合いをすることとなるが、「時間を無駄にしたくない」の一点張り。さっさとお見合いを終わらせて仕事に向き合いたいあまり、主人公シン・ハリ(キム・セジョン)に偽装恋愛を持ちかけてしまう。そして、ハリの人柄を知り、徐々に惹かれていく。効率重視だったはずの彼だが、好きな相手に全力投球し変化していく姿が、本作の見どころの一つ。甘い台詞や心臓を鷲掴みにされるようなシーンを観ると……アン・ヒョソプの沼に肩まで浸りたくなる。前髪ありなしのオン・オフスタイルのギャップまで、しっかり堪能いただきたい。

『浪漫ドクター キムサブ2』(2020年)

『浪漫ドクター キムサブ2』(SBS公式サイトより)

 トラウマを抱えた若手医師たちが、天才外科医キム・サブ(ハン・ソッキュ)と働くことで自信と信念を取り戻していく物語。シリーズ展開されており、本作はシーズン1の続きとなる(キャストは、シーズン1より一部異なる)。病院での権力争いに加え、新人の成長や恋愛、キム・サブ流の人の育て方が描かれており、見応え抜群だ。特に、キム・サブの問いかけるような台詞が秀逸で、社会人のバイブルドラマと言っても過言ではない。 不条理な現実に屈さず、チーム一丸となって患者と向き合う姿は、つい胸が熱くなる。

 劇中では、二人の若手医師に大きくスポットを当てながら、成長を描いていく。その一人が、アン・ヒョソプ演じる優秀なフェローのソ・ウジンだ。両親を亡くし、誰にも頼れず独りで生きてきた過去を持つ。借金返済に追われ、必死に働くも、内部告発したことで目をつけられ勤めていた病院を去ることとなる。その後、キム・サブとの出会いによって、人生が大きく変わり始める。師匠であり、父のようなキム・サブの背中を追いかける姿が印象的で、鋭かった眼差しが徐々に変化していく目の演技が心に残る。また、緩急をつけるように挟まれる同期の恋愛も見逃せない。特に、息を吞むような“リセット”キスシーンが印象的で、目に焼き付いて離れない。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる