『正直不動産』永瀬の成長を体現する山下智久が改めてすごい! 嬉しい市原隼人の再登場も

『正直不動産』山下智久の芝居が改めてすごい

 人を信じるということが真正面から描かれた『正直不動産』(NHK総合)の第8話。桐山(市原隼人)の再登場、そして恋に本気モードの榎本(泉里香)と、キャラクターの個性がますます際立ち始める。

 永瀬(山下智久)が不動産業界の懇親会で出会った相手が好物件の土地の売買話を持ちかけてくる。永瀬はそのプロジェクトを月下(福原遥)と担当し、登坂不動産の売上アップ、そして自身の歩合をさらに上げてタワマンに戻ろうと心血を注ぐ。しかしそこには競合であるミネルヴァの影が。さらに取引を進めるうちに、永瀬は何か違和感を覚え始めるのだった。

 あやうく地面師という詐欺グループに引っかかりそうになってしまった永瀬と登坂不動産。不動産ブローカーとなった桐山からのアドバイスもあり、最終的に永瀬が面と向かって「地面師でしょ」と指摘したことで難を逃れたが、危機一髪であった。これまで「嘘をつくこと」そして「正直になること」を描いてきた『正直不動産』は、さらに踏み込んで「人を信じること」にフォーカスする。

 世の中、登坂社長(草刈正雄)と永瀬のようにより良い関係を結べる上司と部下ばかりではない。第8話では、かつて登坂が勤めていた不動産会社の上司に地面師詐欺の全責任を押し付けられて退職に追い込まれた経緯が明らかになる。第7話で登坂と永瀬の出会いが描かれ、今回改めて登坂のバックグラウンドが明かされることで、今の2人がどれだけ強い信頼関係で結ばれているのかが浮き彫りになった。これまで長いスパンで人が人と結びつき、信頼を積み上げていく様子を永瀬、月下、桐山を通して丁寧に描いてきた本作だからこそ、信じることの重みが実感できる。そして部下を信頼することを知らない上司により大きな痛手を負った過去があったからこそ、登坂は永瀬を信じることに賭けたのだろう。いつものように正直風が吹くが、永瀬の口から出た言葉は決してネガティブなものではない。それは、「必ず世界一の不動産にする」と登坂に誓う、熱い敬愛の印だった。

 初々しい大学生だった永瀬も、今では立派に成長した営業マンだ。だが登坂の前での永瀬には、どこかあどけない表情も残る。永瀬という一人の人間が学び、成長し、愛に触れ、人を信じていく姿が余すことなく描かれ、演じる山下は本当にその場所で長い年月そんな経験を積んできたかのようにみずみずしく魅力にあふれた姿を表現してくれる。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる