マ・ドンソク、LDH JAPANとエージェント契約 グローバル市場で本格的に活動へ

マ・ドンソク、LDHとエージェント契約

 株式会社LDH JAPANが、韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』『犯罪都市』やハリウッド映画『エターナルズ』などで知られる俳優ならびにプロデューサーのマ・ドンソクとエージェント契約を結んだことを発表した。

マ・ドンソク
マ・ドンソク

 LDH JAPANは、2021年2月に設立の発表を行った日韓エンタテインメント共同事業会社「HIAN」とともに、マ・ドンソクの日本での活動を全面的にバックアップ。マ・ドンソクは今回のLDHとの契約で、韓国でマネージメントを担当しているBig Punch Entertainmentと米エージェンシーBncとともに、グローバル市場で本格的に活動する計画となる。

 マ・ドンソクは、2021年にHIANから発表された2022年公開予定の映画『犯罪都市2』で主演を務めており、映画『犯罪都市』の日本版でもプロデューサーとして作品に参加する。2021年11月公開のマーベル・スタジオ映画『エターナルズ』に主要キャストして抜擢されたほか、2019年に日本でも公開された映画『悪人伝』のハリウッドリメイク版制作においても、シルヴェスター・スタローンと共同プロデュースおよび主演を務めることが決定している。

202201011_madongseok
202201011_ldh
202201011_hian
previous arrow
next arrow
202201011_madongseok
202201011_ldh
202201011_hian
previous arrow
next arrow



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる