リリー・フランキーが老クマの声を当てる 『シチリアを征服したクマ王国の物語』本編映像

『クマ王国の物語』リリー・フランキー映像

 1月14日公開のフランス・イタリア合作アニメーション映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』より、リリー・フランキーが吹き替えを担当した本編映像が公開された。

 本作は、クマ王国に住むクマたちの物語で、ある日クマの王レオンスの息子・トニオがハンターに誘拐され、話が展開していく。厳しい冬の飢えと寒さにたまりかねていた彼らは山を降りることに。残忍な大公や化け猫、人食い鬼、幽霊、魔法使い……行手を阻む難敵を乗り越え、人間の住む平地を目指す物語を通して、多様な文化の中で他者を受け入れることの大切さをテーマに描く。ヨーロッパのイラストレーター、ロレンツォ・マトッティが自身初の長編アニメーション映画として映像化した。

 原作のディーノ・ブッツァーティは“イタリアのカフカ”として幻想的で不条理な世界を得意としていたが、この『シチリアを征服したクマ王国の物語』は、イタリアのこども新聞に連載され、挿絵も自身が手がけた。マトッティ監督もヨーロッパを代表するイラストアーティストだが、ブッツァーティのイラストに大きな影響を受けたと語っている。

『シチリアを征服したクマ王国の物語』日本語吹替版【リリー・フランキー 編】本編映像解禁

 リリー・フランキーが演じるのは、洞窟の老クマ。語り部のジェデオン(柄本佑)とアルメリーナ(伊藤沙莉)が洞窟にたどり着いたことから、冬眠から目覚めて彼らの前に姿を表す。ジェデオンとアルメリーナは老クマに食べられまいと自分達の芸を披露したが、どうやらその物語は老クマもよく知っている話だったよう。「人間が語るクマの話はそういうやつか」。老クマは人間と言葉をかわせるようで語り部の2人は驚く。そして老クマは告げる。「クマにとって物語は、そこで終わらないんだ。続きがある」。2人は驚き、ジェデオンは続きを聞かせてほしいと懇願するが、老クマは「腹が減っている。何か食べるものを持ってはいないか?」と問いかけ、2人から食べ物をもらうと、クマたちの“その後”の話をし始めるのだった……。

 リリー・フランキーが演じる洞窟の老クマは、このシーンをきっかけに語り部を交代する重要な役どころ。字幕版では今年2月にこの世を去ったフランスの脚本家・ジャン=クロード・カリエールが演じているが、マトッティ監督は別スタジオで作業中の彼の声を聞いて、老クマ役を頼んだという。

 なお、リリー・フランキーは老クマ以外にもあともう1箇所、飛び入りで声を吹き込んでいる箇所があり、本編で明かされる。

■公開情報
『シチリアを征服したクマ王国の物語』
1月14日(金)より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺にて公開
監督・グラフィックデザイン:ロレンツォ・マトッティ
脚本:トマ・ビデガン、ジャン=リュック・フロマンタル、ロレンツォ・マトッティ
日本語吹替版キャスト:柄本佑、伊藤沙莉、リリー・フランキー、加藤⻁ノ介、寺島惇太、堀内賢雄
制作プロダクション:プリマ・リネア・プロダクションズ、Pathe  France 3 Cinema  Indigo Film with Rai Cinema
アニメーション・スタジオ:3.0 studio
原作:ディーノ・ブッツァーティ『シチリアを征服したクマ王国の物語』(福音館書店刊)
提供:トムス・エンタテインメント、ミラクルヴォイス
配給:ミラクルヴォイス
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
フランス・イタリア合作/2019年/カラー/82分/ビスタサイズ/5.1ch/フランス語/原題:LA FAMEUSE INVASION DES OURS EN SICILE/日本語字幕:井村千瑞
(c)2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS – PATHE FILMS – FRANCE 3 CINEMA – INDIGO FILM
公式サイト:kuma-kingdom.com
公式Twitter:@kuma_kingdomJPN



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる