愛する人を冤罪で失ったシングルマザーが下した決断とは 『白い牛のバラッド』予告編

 2月18日公開の映画『白い牛のバラッド』の予告編とメインビジュアルが公開された。

白い牛のバラッド

 本作は、第71回ベルリン国際映画祭で金熊賞、観客賞にノミネートされた人間ドラマ。監督を務めたマリヤム・モガッダムは、脚本と主演も兼任し、シングルマザーとして娘を育てようと奮闘しながら、理不尽な社会に立ち向かう女性を演じた。

 愛する夫を死刑で失い、ろうあの娘を育てながら必死で生活するシングルマザーのミナ(マリヤム・モガッダム)。1年後に突然、夫の無実が明かされ深い悲しみに襲われる。賠償金よりも判事に謝罪を求める彼女の前に、夫の友人を名乗る男レザ(アリレザ・サニファル)が現れる。ミナは親切な彼に心を開き、3人は家族のように親密な関係を育んでいくが、ふたりを結びつける“ある秘密”には気づいていなかった。罪と償いの果てに、彼女が下した決断とは。

映画『白い牛のバラッド』予告映像

 公開された予告編は、最愛の夫を冤罪で失ったミナとろうあの娘ビタの元に、謎の男レザが現れるシーンから始まる。レザは「ご主人に借りた金を返しに来ました」といい、悲しみに暮れていたミナは親切な彼に次第に心を開いていく。続くシーンでは水浸しの部屋に佇むレザが映し出され、不穏な空気に一変。「愛する人を冤罪で失った時、あなたならどうしますか」という問いかけとともに、「死刑」「犠牲」「過ち」の言葉が、二人の姿とあわせて映し出される。最後には、タイトルとともに白い牛が切り取られている。

 あわせて公開されたメインビジュアルは、「男はなぜ、私の前に現れたのか」というコピーとともに、涙を流すミナの横顔が切り取られ、その下には白い牛にこぼれたミルクがかかっている。さらに場面写真が新たに6点公開された。

白い牛のバラッド
白い牛のバラッド
白い牛のバラッド
白い牛のバラッド
白い牛のバラッド
白い牛のバラッド
20220107_shiroiushi_01
20220107_shiroiushi_06
20220107_shiroiushi_05
20220107_shiroiushi_04
20220107_shiroiushi_03
20220107_shiroiushi_02
previous arrow
next arrow
20220107_shiroiushi_01
20220107_shiroiushi_06
20220107_shiroiushi_05
20220107_shiroiushi_04
20220107_shiroiushi_03
20220107_shiroiushi_02
previous arrow
next arrow

■公開情報
『白い牛のバラッド』
2月18日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督:マリヤム・モガッダム、ベタシュ・サナイハ
出演:マリヤム・モガッダム、アリレザ・サニファル、プーリア・ラヒミサム
配給:ロングライド
2020年/イラン・フランス/ペルシア語/105分/1.85ビスタ/カラー/5.1ch/英題:Ballad of a White Cow/日本語字幕:齋藤敦子
公式サイト:https://longride.jp/whitecow/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる