『SUPER RICH』まだまだ一波乱の予感? 衛と優が向き合った結婚観・恋愛観の違い

『すぱっち』衛と優が向き合った結婚観の違い

 社員の心と未来を抱えて会社は動いている。『SUPER RICH』(フジテレビ系)の第8話では、衛(江口のりこ)と社員との間に起きたすれ違いが繊細に描かれた。その一方で、結婚観、恋愛観の違いによる優(赤楚衛二)との関係もギクシャク。ふたつの山場を乗り越えた、衛とスリースターブックスはさらなる進化を見せるのだった。

 まるで衛を取り巻く人々の人生のダイジェストを見ているかのような出来事が次々と起こる。鮫島(菅野莉央)は妊娠したまま今の仕事を続けることに不安を抱き退職を口にし、今吉(中村ゆり)はセクシュアルマイノリティであることをSNSに晒されてしまい、気づけば問題が山積みに。衛は鮫島、今吉の一件を解決しようと模索しながらも、自身のプライベートでも行き詰まってしまう。些細なすれ違いは次第に重なり合い、衛にとっても大きなピンチとなった。

 衛と優の恋愛が順調かと思われた矢先に、ふたりは結婚観・恋愛観の違いについて面と向かって話したことがないことに気づかされる。若さゆえの情熱か、「好き」という気持ちだけでどこまでも突っ走れる優は衛のことをもっと知りたいと考えており、共有しあえる感情は全て共有しあいたいと感じていた。それに対し、衛は自分自身の人生のことはゆっくりと気持ちを消化し、タイミングをみて適切な相手と話したいと願う。ただでさえ、自分が恋愛をしてしまったことで空(町田啓太)を傷つけ、今吉を失いかけたこともあり、「お互いの価値観や人生の問題を何でもシェアしあいたい」と感情をぶつけてくる優に余裕をなくしてしまったのだろう。年齢や立場に加えパーソナルスペースも異なるふたりは、気づけば恋愛や人間関係に求めることも違い、その気持ちのぶつけ方もそれぞれ。

 しかし優がコンビニ強盗に刺されて絶体絶命になった時に、衛は改めて優の大切さを知り、優は自分が“年下”であることにある種の“意味”を見出す。恋愛偏差値の高いふたりではないが、一歩ずつ確実に関係を深めている様子は微笑ましい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる