ジョン・ウォーターズ監督作『マルチプル・マニアックス』2022年1月1日より日本初公開決定

 ジョン・ウォーターズ監督作『マルチプル・マニアックス』と『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』が2022年1月1日より新宿K’s cinema にて公開されることが決定した。

 1972年に公開されたウォーターズ監督の代表作『ピンク・フラミンゴ』が2022年に公開50周年を迎えることを記念して、『ピンク・フラミンゴ』前夜に制作された『マルチプル・マニアックス』(1970年)が、日本初公開される。

 主演を務めたのは『ピンク・フラミンゴ』と同じくドラァグクイーンのディヴァイン。野原に建てられたテント小屋では、アブノーマル・セックス、吐き出したゲロを喰う男、ヘロインの禁断症状などを売り物にした変態ショーが行われている。その一団の座長が、ディヴァインだ。集まった客を射殺しては逃げ回るなど、その悪行は留まるところを知らない。内縁の夫デヴィッドがたまらずディヴァインを殺そうとするが、そう簡単にやられるわけもなく、常軌を逸した殺し合いが繰り広げられる。そして、衝撃のラストには、巨大なザリガニが登場。『ピンク・フラミンゴ』の結末に勝るとも劣らない展開が待ち受けている。

 ウォーターズ23歳の時の出世作となる本作は、クエンティン・タランティーノ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年)でも描かれたシャロン・テート殺害事件のあと、チャールズ・マンソンが犯人として捕まった直後に撮り終えた。その影響も色濃くストーリーに反映されている。配給を手がけたニューライン・シネマのボブ・シェイは、『マルチプル・マニアックス』でウォーターズのポテンシャルに気づき「次の作品を撮ったらぜひ見せてくれ」と申し出たという。その次の作品が『ピンク・フラミンゴ』であり、その結果はボブ・シェイ、ウォーターズ両者に満足のいく結果をもたらした。

 今回の上映では、『マルチプル・マニアックス』とともに、ウォーターズ自身が最愛の作品と語る『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』も同時上映される。映画狂の監督とその仲間たちが、ハリウッド女優ハニーを誘拐し、彼女を主演に仕立て史上最強のインディーズ映画の撮影を始める。強大なハリウッドの映画システムと闘う反逆精神に満ちたコメディだ。

 また、本上映とあわせてジョン・ウォーターズ著『ジョン・ウォーターズの地獄のアメリカ横断ヒッチハイク』(柳下毅一郎訳/国書刊行会)が12月下旬に刊行されることも決定。ウォーターズ自身によるフィクションとノンフィクションで構成された新しエンターテインメント小説となっている。

『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
ジョン・ウォーターズ著『ジョン・ウォーターズの地獄のアメリカ横断ヒッチハイク』
previous arrow
next arrow
 
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『マルチプル・マニアックス』(c)Janus Films
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』(c)Tamasa Distribution
ジョン・ウォーターズ著『ジョン・ウォーターズの地獄のアメリカ横断ヒッチハイク』
previous arrow
next arrow

■公開情報
『マルチプル・マニアックス』
2022年1月1日(土)新宿K’s cinemaにてロードショー
製作・脚本・撮影・編集・監督:ジョン・ウォーターズ
出演:ディヴァイン、デイヴィット・ロチャリー、メアリー・ヴィヴィアン・ピアース、ミント・ストール、ジョージ・フィッギス
1970年/アメリカ映画/モノクロ/96分
(c)Janus Films

同時上映『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』
製作総指揮:アンソニー・ドロレンツォ、フレッド・バーンステイン
製作:ジョン・フィードラー、ジョー・カラッチオーロ、マーク・ターロフ
監督・脚本:ジョン・ウォーターズ
撮影:ロバート・スティーヴンス
編集:ジェフリー・ウルフ
音楽:ベイジル・ポールドゥリス、ゾーイ・ポールドゥリス
出演者:スティーヴン・ドーフ、メラニー・グリフィス、アリシア・ウィット
2000年/アメリカ・フランス合作/88分/カラー
(c)Tamasa Distribution

配給:アダンソニア
宣伝・配給協力:ブライトホース・フィルム
デザイン:渡辺純
字幕:林かんな(『マルチプル・マニアックス』)
協力:仙元浩平



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる