『ホークアイ』ジェレミー・レナー、『アベンシャーズ』ミュージカル実現に意欲的な姿勢?

『アベンジャーズ』ミュージカル化?

 日本時間11月24日よりディズニープラスにて、マーベル・スタジオのオリジナルドラマ『ホークアイ』が配信開始される。本作の主人公ホークアイ/クリント・バートン役を務めたジェレミー・レナーは、『アベンジャーズ』のミュージカル実現に前向きな姿勢をみせているようだ。

 ジェレミー・レナーは、2008年に『ハート・ロッカー』、2010年に『ザ・タウン』でアカデミー賞にノミネートされ、2011年に公開された『マイティ・ソー』にクリント・バートン役でカメオ出演し、MCU作品に初登場した。以降、レナーはMCUの弓術の名人、ホークアイを演じ続け、『アベンジャーズ』シリーズの3作と、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で重要な役柄を果たしてきた。そしてついに、ホークアイの単独シリーズとなる作品『ホークアイ』で主演を務めることとなる。

 本作では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の2年後の世界で、“アベンジャーズを辞めたい男”ホークアイの物語が展開される。ホークアイの大ファンで、彼の相棒となるケイト・ビショップ役をヘイリー・スタインフェルドが演じる。

 そして作中には架空の舞台として、キャプテン・アメリカのミュージカル『ロジャース:ザ・ミュージカル』が登場。『ホークアイ』の予告編で公開されて以来、ファンの間で話題となった。キャプテン・アメリカのミュージカルは、彼の名台詞「I can do this all day.(まだやれるぞ)」にちなんで「I can do this all day」が、メインナンバーとなっている。

 最近行われたVarietyのインタビューで、レナーと共演者のヘイリー・スタインフェルドは、「MCUのミュージカルが実現すると思うか、また出演したいと思うか」について問われた。

 レナーは「どちらの質問に対しても『イエス』だと思います(笑)。わからないですが、(製作陣は)先のことまでよく考え、何かしらの計画はしていると思います。(ミュージカル計画について)どうなっているのか、どのようなものであるのかは、誰にもわかりません。『アベンジャーズ』のミュージカルについては、1作目の映画『アベンジャーズ』のときに話をしていましたが、当時はみんな冗談として話していました。でも、そうですね、(『ロジャース:ザ・ミュージカル』は)妙に素晴らしくあるのと同時に大変なものでもあるので、複雑な心境です。でも、答えは『イエス』です。ぜひとも出演したいと思っています」と回答。

 スタインフェルドも「もちろん(出演したい)です!」と答えた。

 ちなみに、レナーはもし『ホークアイ』をベースにしたミュージカルを作るなら、ミュージカルナンバーは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』での台詞にちなんだ「Just Can’t Seem to Miss(的を外せないんだ)」になることだろうと話した。

 ロバート・ダウニー・Jr.や、クリス・エヴァンスなど、MCUでの役柄から一旦離れている俳優もいるが、『アベンジャーズ』に関連するミュージカルの実現によって、再び彼らを舞台やスクリーンで見られる可能性がもしかしたらあるのかもしれない。

■配信情報
『ホークアイ』
ディズニープラスにて、11月24日(水)17:00より日米同時配信
(c)2021 Marvel
公式サイト:disneyplus.disney.co.jp/program/hawkeye.html



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる