原子力潜水艦で乗組員が死亡する事件が発生 『原潜ヴィジル 水面下の陰謀』本予告

『原潜ヴィジル 水面下の陰謀』本予告

 11月24日より「スターチャンネルEX」にて独占配信がスタートした海外ドラマ『原潜ヴィジル 水面下の陰謀』の本予告映像が公開された。

 BBCが製作した本作は、英国海軍の原子力潜水艦内で起きた殺人事件の捜査を通じて、地元警察が、海軍の闇や国際安全保障問題に繋がる事件の真相を解明していくさまをスリリングに描くクライムミステリードラマ。英国では2021年の新作として最大視聴者数を記録した(10月5日時点、BBCメディアセンター調べ)。『ジェントルマン・ジャック 紳士と呼ばれたレディ』のサラン・ジョーンズが主演を務め、『ゲーム・オブ・スローンズ』のローズ・レスリー、『刑事モース〜オックスフォード事件簿〜』のショーン・エヴァンスらが脇を固めている。

 映画『ジュディ 虹の彼方に』やドラマ『ザ・クラウン』『私立探偵ストライク』の脚本を手掛けたトム・エッジが脚本・製作総指揮を担当。『ダウントン・アビー』『ライアー 交錯する証言』などを手がけ、『ドクター・フー』でBAFTAウェールズ最優秀監督賞を受賞したジェームズ・ストロングとBAFTAノミネート歴のあるイザベル・シーブが3話ずつ監督を担当した。

『原潜ヴィジル 水面下の陰謀』本予告映像

 公開された本予告は、英国海軍の原子力潜水艦“ヴィジル” 中で乗組員の一人が死亡する事件が発生し、敏腕警部エイミー・シルヴァ(サラン・ジョーンズ)が、捜査のため艦内へと一人派遣される場面から始まる。エイミーは捜査を始めてすぐに殺人事件の可能性を指摘するが、艦内はもちろん密室。つまり犯人は“ヴィジル”の乗組員の誰かということになり、最高司令官であるニューサム中佐(パターソン・ジョセフ)を筆頭に乗組員たちは彼女に対する敵対心を隠さない。一方、陸側で事件の捜査を進める相棒のカーステン(ローズ・レスリー)は、殺人事件の現場に出向き、「組織的な犯行」を確信した様子で上司に報告する。基地からヴィジルに指示を出す海軍少将は「敵対行為だ」と激怒し、ニューサム中佐はエイミーに今が平時というのは幻想で「常に戦時中だ」と語る。一人の水兵の死を招いたのは、内部確執かそれともより強大な何かか。

『原潜ヴィジル

■放送・配信情報
『原潜ヴィジル 水面下の陰謀』(全6話)
・字幕版
スターチャンネルEXにて、11月24日(水)より配信開始
BS10 スターチャンネル STAR1にて、12月8日(水)より毎週水曜23:00〜ほか
・吹替版
BS10 スターチャンネルにて、12月5日(日)16:00〜吹替版第1話先行無料放送
BS10 スターチャンネル STAR3にて、12月7日(火)より毎週火曜22:00〜ほか
脚本・製作総指揮:トム・エッジほか
監督:ジェームズ・ストロング、イザベル・シーブ
出演:サラン・ジョーンズ、ローズ・レスリー、ショーン・エヴァンス、アダム・ジェームズ、マーティン・コンプストンほか
製作:World Productions
(c)WORLD PRODUCTIONS LTD. MMXXI



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる