TEAM NACSのリーダー、森崎博之がラップに初挑戦 イヤードラマ『父 THE MC』配信

森崎博之主演『父 THE MC』配信

 TEAM NACSのリーダー・森崎博之が主演を務めるイヤードラマ『父 THE MC』が、音声版サブスクリプションサービス「NUMA」にて11月19日より配信スタートした。

 本作は、魂のラップで聞かせる父と息子の物語。9年前に妻を亡くして以来、男手ひとつで家庭を支えてきた父・藤本大輔(48歳)。息子の俊彦(17歳)はケガで野球の道を諦めたこともあり、毎日ふさぎ込んで……と思いきや、ラッパーを志し、日々イカツい仲間たちとサイファー(複数人が輪になって即興でラップをすること)に励んでいた。高校球児からラッパーへ、その落差に驚きを隠せない大輔だったが、家族の絆を守るべく、俊彦とのガチンコ・ラップバトルに挑むことに。果たしてアラフィフおじさんのラップ修行の成果は。前代未聞・父子ラップバトルの行方やいかに……。

 父・藤本大輔を演じるのは、演劇ユニット「TEAM NACS」のリーダー森崎。実際二人の息子がいる森崎は、今作で夢をあきらめた息子と向き合う父親役に挑んだ。そして息子の俊彦役には、映画『半世界』の演技が評価され、第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第34回高崎映画祭最優秀新進俳優賞を受賞した杉田雷麟。また、34歳にしてNHK連続テレビ小説『なつぞら』で演じた高校生の番長役で話題を集め、映画『サマーフィルムにのって』、NHK大河ドラマ『青天を衝け』など数々の話題作に出演する板橋駿谷(劇団ロロ)らが集結した。

森崎博之 コメント

今回は、TEAM NACSの舞台作品にもアンサンブルキャストとして出演してくれていて、弟分のように可愛がっている劇団スパイスガーデンの松尾英太郎くんが台本を書いていたので、非常に強い結びつきを感じていたんです。お父さんがラッパーのMCになるというストーリーで、「また随分な設定を作りますわね……」と思ったんですけど(笑)、届いた台本を読んでいくうちに、「何だ、このハートフルな話は!」とすごく化けていったんですよね。共演者の皆さんとお会いして、ラップのようにセッションを重ねてみて、最後はちょっと魂が震えました。息子役の(杉田)雷麟くんの最後のラップはグサグサきましたね。私も息子が二人いるんですが、その子たちの数年後の年齢なので、いまこの父役をできてよかったなと思いますし、自分の息子もきっとこうやって立派に巣立っていくのかと感じることができました。自分がかつて息子だったときの目線と、いまの父親としての目線、両方でグサグサと刺さるものを松尾くんが作ったんだなと。
いろんな方に聞いてもらえたら嬉しいです。

■配信情報
『父 THE MC』(全5話)
※11月19日(金)より配信(毎週金曜最新エピソード配信)
出演: 森崎博之、杉田雷麟、板橋駿谷、上田遥、森下ひさえ、松尾英太郎、古川ヒロシ、宮崎大和
脚本・演出:松尾英太郎
プロデューサー:森本友里恵、依田剛大
制作協力:イー・エー・ユー株式会社
制作:アットムービー
配信先URL:https://numa.jp.net/mob/cont/contShw.php?site=NM&cd=DSE00042

NUMA(https://numa.jp.net/)
NUMAプレミアム:月額(聴き放題)580円(税込)
※毎週 月・水・金 コンテンツ更新予定

NUMA Official Twitter:https://twitter.com/NUMA_JPN
NUMA Official Instagram:https://www.instagram.com/numa_jpn/
NUMA Official Facebook:https://www.facebook.com/NUMA.JPN/
NUMA Official YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCulPVAx-yU76zkSL_Y1rXLw



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる