役所広司、遺産バトルの発端に 宮沢りえ×寺島しのぶW主演『女系家族』出演へ

役所広司、『女系家族』出演へ

 12月4日、5日にテレビ朝日系で放送される宮沢りえと寺島しのぶがW主演を務めるスペシャルドラマ『女系家族』に役所広司が出演することが発表された。

 本作は、1963年に山崎豊子によって書かれた、大阪・船場を舞台にした小説をドラマ化するもの。四代続く“女系筋”の老舗木綿問屋『矢島商店』当主・矢島嘉蔵が亡くなり、その莫大な遺産を巡って、総領娘・藤代(寺島しのぶ)を筆頭とした女三姉妹による醜くもし烈な争いが繰り広げられようとしていた。そこに突然明らかになる、当主がひた隠しにしてきた愛人・浜田文乃(宮沢りえ)の存在。遺言状に「なにとぞよしなにお取り計らいを」と記されていたことから、複雑な人間模様の糸が絡まりながら物語が進んでいくことになる。映画『愛の流刑地』『後妻業の女』の鶴橋康夫が脚本・監督を務める。

 役所が演じるのは、『矢島商店』四代目当主で、寺島演じる藤代、水川あさみ演じる千寿、山本美月演じる雛子の父・矢島嘉蔵。総資産数十億円を遺し、この世を去った嘉蔵だったが、彼には家族にも秘密にしていた7年来の愛人が。その女性・浜田文乃(宮沢りえ)について遺言状に書き記したことで、矢島家は壮絶なまでの遺産相続争いを繰り広げていくことになる。

役所広司(矢島嘉蔵役)コメント

鶴橋康夫監督とは本当に久しぶりにご一緒したのですが、監督の「スタート!」「オッケー!」の声も、撮影の合間のジョークも相変わらずで(笑)、懐かしく撮影に臨みました。鶴橋組もスタッフはだいぶ若手に替わりましたが、雰囲気は変わらず…。監督が時折出してくれる「大オッケー!」を励みに、今回も頑張りました。
愛人役の宮沢りえさんとは、これまで同じ作品には出たことがあったのですが絡みはなかったんです。本当に素晴らしい女優さんですから、同じ画面でお芝居ができることを楽しみにしていました。今回は少ない時間でしたがいろいろお話することができました。

■放送情報
『女系家族』
テレビ朝日系にて、12月4日(土)、5日(日)21:00〜2夜連続で放送
出演:宮沢りえ、寺島しのぶ、水川あさみ、山本美月、渡辺えり、伊藤英明、余貴美子、長谷川朝晴、山村紅葉、奥田瑛二、役所広司
原作:山崎豊子『女系家族』(新潮文庫刊)
脚本・監督:鶴橋康夫
企画協力:一般社団法人山崎豊子著作権管理法人、野上孝子、新潮社
音楽:羽岡佳
チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー:船津浩一(テレビ朝日)、浜田壮瑛(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
制作協力:角川大映スタジオ
制作著作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる