石橋静河、大東駿介、古川琴音に寄り添う有村架純の姿 ドラマ『前科者』新場面写真公開

有村架純が“前科者”に寄り添う新場面写真

 有村架純が主演を務めるWOWOWオリジナルドラマ『前科者 -新米保護司・阿川佳代-』の新場面写真が公開された。

 原作・香川まさひと、作画・月島冬二による同名漫画を実写映像化する本作は、罪を犯した“前科者”たちの更生・社会復帰を目指し、彼/彼女らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描く社会派ヒューマンドラマ。2022年に劇場公開される映画版に先駆けて、連続ドラマ版がWOWOWにて放送・配信される。

 有村演じる主人公の阿川佳代は、コンビニでアルバイトをして生計を立てながら、罪を犯した者の更生を助ける無給の国家公務員である保護司になることを決意。“-新米保護司・阿川佳代-”というサブタイトルが示す通り、保護司になったばかりの佳代が、様々な事情を抱えた保護観察対象者たちと向き合い、彼/彼女らの更生のために奮闘する。連続ドラマ版のエピソードは原作をベースに、3名の“前科者”たちと佳代が不器用に向き合いながら成長する様を全6話にわたって描く。

 公開された場面写真では、有村演じる主人公の阿川が、恐喝・傷害罪の斉藤みどり(石橋静河)、殺人罪の石川二朗(大東駿介)、覚醒剤取締法違反の田村多実子(古川琴音)ら三者三様の“前科者”に寄り添う姿が収められている。

『前科者

 また、監督を務めた岸善幸、岡下慶仁から、連続ドラマ版の見どころについてコメントが寄せられた。

コメント

岸善幸監督

これは新しい“犯罪”ドラマです。刑事モノでも、法廷モノでもない、保護司が主人公。新米保護司阿川佳代は、毎回元受刑者と向き合いながら更生(社会的な立ち直り)の難しさを痛感していきます。しかし、決して諦めません。なかなかやり直しがしづらくなったと言われる現代、佳代の姿は一石を投じるはずです。ご期待ください。

岡下慶仁監督

力のある魅力的な原作の映像化は難しいものです。運よく、有村架純さんをはじめ日本屈指の俳優陣に演じて頂けました。私は日頃、「目は口よりに物を言う」と公言して憚らないのですが、今回、魂を揺さぶる「目」をたくさん撮ることができました。俳優の表情を通して、ドラマでしか体験できない感情を味わって頂きたいです。

■放送・配信情報
WOWOWオリジナルドラマ『前科者 -新米保護司・阿川佳代-』
WOWOWにて、11月20日(土)スタート 毎週土曜22:30〜放送・配信(第1話無料放送)
各話放送後、WOWOWオンデマンド、Amazon Prime Videoにて見逃し配信
出演:有村架純、石橋静河、大東駿介、古川琴音、柄本時生、大⻄信満、富田健太郎、橋本さとし、徳永えり、秋山菜津子、北村有起哉、宇野祥平
原作:香川まさひと・月島冬二『前科者』(小学館『ビッグコミックオリジナル』連載)
監督・編集:岸善幸、岡下慶仁
脚本:港岳彦
音楽:岩代太郎
(c)香川まさひと・月島冬二/小学館
(c)2021「WOWOWオリジナルドラマ 前科者 -新米保護司・阿川佳代-」製作委員会
映画版公式サイト:zenkamono-movie.jp
ドラマ版公式サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/zenkamono_drama/
公式Twitter:@zenkamono_jp
公式Facebook:zenkamono.official



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる