堤真一、16年ぶりにTBSドラマ出演 2022年1月期金曜ドラマ『妻、小学生になる。』主演に

 堤真一が主演を務める『妻、小学生になる。』が、2022年1月期のTBS金曜ドラマ枠で放送されることが決定した。

 本作は、芳文社『週刊漫画TIMES』に連載中、村田椰融による累計発行部数130万部(紙+電子)を超える同名漫画をドラマ化するもの。主人公の新島圭介を、2006年に放送された『セーラー服と機関銃』以来16年ぶりのTBSドラマ出演となる堤が演じる。脚本を手がけるのは、『凪のお暇』(TBS系)、『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の大島里美。

 10年前に愛する妻を失い生きる意味を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と奇跡の再会。妻(母)は生まれ変わり、10歳の小学生の女の子に。夫と娘はそんな妻(母)の姿に戸惑いながらも、10年ぶりに彼女に尻を叩かれ叱咤激励される。

 新島圭介(堤真一)は、10年前に最愛の妻・貴恵を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている愛妻家。全く生気が感じられないため、周囲からは陰鬱な男に見られている。たった一人の家族である一人娘の麻衣の幸せを誰よりも願っているものの、生活費を稼ぐ以外何もしてやれていないことが心苦しく、コミュニケーションすらうまく取れていない。2人の時間は、10年間止まってしまっていた。

 同じ家に住みながらもバラバラな父と娘。そんなある日、ランドセルを背負った見知らぬ女の子が「わたしは10年前に他界したあなたの妻よ」と訪れる。妻はこの世に生まれ変わっており、止まったままの家族の時間が、再び動き出す。しかし、愛する妻はいま、小学生の姿で、同居することもできず門限は18時。一緒にいると怪しまれ、喜び余って抱きしめたら警察を呼ばれる始末。愛妻家の男と、妻(外見は小学生)、そして大人になりきれない娘の、ちょっと変わった3人による家族再生の物語が始まる。

コメント

堤真一

(16年ぶりにTBSのドラマに出演することに)もうそんなに経ったのですね……。感覚的にはあまりそう感じないのですが、本当に久しぶりですね。
脚本がすごくおもしろかったです。原作の漫画は随分前に読んだことがあるのですが、ドラマの脚本は漫画の世界とはまた違って、非常にリアルに描かれていて、これが今後どう展開していくのか、僕自身が今ものすごく楽しみにしています。
今回、設定としてはすごく難しい役どころですね。実際に「妻が小学生になったら」と考えてみても、どう作りあげていいものか難しいですが、演出家の方と話しながら、僕が演じる新島圭介を作っていこうと思っています。妻が小学生になったことを、圭介がどう受け入れて、そしてどのように進んでいくのか、微塵の疑いもないようにしないといけないなと感じています。
これから撮影に入るのですが、みんなで楽しく撮影できればいいなと思っています。
とても不思議な設定の作品ですが、僕自身も最終回までどうなっていくのか本当に楽しみにしております。1月スタートの金曜ドラマ『妻、小学生になる。』をぜひご覧ください。

原作・村田椰融

(c)村田椰融/芳文社

漫画家としてまだ生計を立てられていないころに、「いつか実写化されるような作品を考えよう」という気持ちで描き出したのが『妻、小学生になる。』でした。
気づけば連載することができ、巻数も増え、そしてついに実写化することが決まりました。
大変な時世の中、『妻、小学生になる。』の制作に携わる関係者の皆様には本当に感謝です。
そしてこの作品を応援し、支えて下さった読者の皆様、本当にありがとうございます。
ドラマ化した『妻、小学生になる。』の方も、是非ともお楽しみください。

■放送情報
金曜ドラマ『妻、小学生になる。』
2022年1月スタート毎週金曜22:00~22:54
出演:堤真一
原作:村田椰融『妻、小学生になる。』(芳文社『週刊漫画 TIMES』連載中)
脚本:大島里美
プロデュース: 中井芳彦、益田千愛
演出:坪井敏雄、山本剛義、大内舞子、加藤尚樹
製作著作:TBS



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる