北原里英による中国語のセリフも 日中合作映画『安魂』予告編&メインビジュアル公開

 2022年1月15日公開の映画『安魂』の予告編とメインビジュアルが公開された。

 本作は、日向寺太郎監督初の日中合作映画であり、初の全編海外ロケを行った人間ドラマ。ベルリン国際映画祭金熊賞受賞を受賞したシェ・フェイ監督作『香魂女-湖に生きる』の原作者でもある中国の作家チョウ・ターシンの同名原作を映画化した。原作は、一人息子を若くして亡くした周氏の息子との魂の交流を綴った実体験を元にした物語。その原作の核となる“大切な人と死別し残された人々の心の再生”を冨川元文が脚本で大胆にアレンジを加え、全編中国ロケ・中国語により完成を迎えた。

 日本人留学生役を除く全キャストは中国の役者をキャスティング。主人公の唐大道を、ドラマ『打狗棍』で安徽衛視“國劇盛典“最優秀俳優賞を受賞したウェイ・ツー、息子・英健と青年・劉力宏の2役を、『青丘狐傳說』で注目を集めたチアン・ユーが演じる。そして日本人留学生・星崎沙紀役で、本作唯一の日本人キャストとなる北原里英が出演。北原は、全編中国語のセリフで演じている。

 公開されたメインビジュアルでは、唐大道とその息子の姿が切り取られ、「父と母の願いは、ただお前に会いたい」というコピーが綴られている。

映画『安魂』予告編

 予告編では、西安、洛陽、南京、北京と並ぶ中国で最も古い都の一つである中国河南省開封の古い街並みの美しさとともに、先立たれた息子に「会いたい」と願う父と母の想いが描かれている。

■公開情報
『安魂』
2022年1月15日(金)より、岩波ホールほか全国順次ロードショー
出演:ウェイ・ツー、チアン・ユー、北原里英
原作:チョウ・ターシン
監督:日向寺太郎
脚本:冨川元文
総合企画:田原
音楽:Castle in the Air
配給:パル企画
製作:河南電影電視製作集團/秉德行遠影視傳媒(北京)/パル企画/大原神馬影視文化発展/浙江聚麗影視傳媒/北京易中道影視傳媒
2021/中国・日本/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/108分
(c)2021「安魂」製作委員会
公式サイト:https://ankon.pal-ep.com/
公式Twitter:@ankon_movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる