ロジャー・ミッシェル監督の長編遺作 名画盗難事件描く『ゴヤの名画と優しい泥棒』公開へ

『ゴヤの名画と優しい泥棒』公開決定

 今年9月に逝去したロジャー・ミッシェル監督の長編遺作『The Duke(原題)』が、『ゴヤの名画と優しい泥棒』の邦題で2022年2月25日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開されることが決定した。

 本作は、197年の歴史を誇るロンドン・ナショナル・ギャラリーで実際に起きた、フランシスコ・デ・ゴヤの名画「ウェリントン公爵」盗難事件をもとに映画化したもの。

 世界中から年間600万人以上が来訪、13世紀後半から20世紀初頭までの間の2300点以上の貴重なコレクションを揃え「英国の至宝」と称えられる美術館・ロンドン・ナショナル・ギャラリー。1961年、そこでスペイン最大の画家と謳われるフランシスコ・デ・ゴヤの「ウェリントン公爵」盗難事件が起こった。この美術館の長い歴史の中で唯一にして最大の事件の犯人は、60歳のタクシー運転手ケンプトン・バントン。彼はゴヤの絵画を“人質”に取り、イギリス政府に対して身代金を要求。TVが唯一の娯楽だった時代、その身代金を寄付してイギリスの公共放送であるBBCの受信料を無料にすることで、孤独な高齢者たちの生活を助けようと行動を起こした。しかし、事件にはもう一つの隠された真相が。約50年後に明かされる、イギリス中を巻き込んだ“優しい嘘”とは。

 主人公ケンプトンを、『アイリス』でアカデ ミー賞助演男優賞を受賞、『ハリー・ポッター』シリーズ、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『パディントン』シリーズなどでも知られるジム・ブロードベントが演じる。ミッシェル監督は「ジムの演技は愛情たっぷ りで、彼が演じた主人公を愛さずにはいられない」と語っていた。

 また妻役を演じたのは、『クィーン』でアカデミー賞やゴールデングローブ賞はじめ数々の賞で主演女優賞を受賞、『黄金のアデーレ 名画の帰還』、『ワイルド・スピード』シリーズで知られるヘレン・ミレン。さらに、『ダンケルク』のフィオン・ホワイトヘッドが息子役を演じる。

■公開情報
『ゴヤの名画と優しい泥棒』
2022年2月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督:ロジャー・ミッシェル
出演:ジム・ブロードベント、ヘレン・ミレン、フィオン・ホワイトヘッド、アンナ・マックスウェル・マーティン、マシュー・グード
配給:ハピネットファントム・スタジオ
後援:ブリティシュ・カウンシル
2020年/イギリス/英語/95分/シネマスコープ/5.1ch/原題:The Duke/日本語字幕:松浦美奈
(c)PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020
公式サイト:happinet-phantom.com/goya-movie/
公式Twitter:@goya_movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる