宇宙を舞台に3人組が暴れ回る 実写版『カウボーイビバップ』本予告&キーアート公開

 11月19日より配信されるNetflixシリーズ『カウボーイビバップ』の本予告映像とキーアートが公開された。

 本作は、同名人気アニメシリーズを実写化した、宇宙が舞台の西部劇。通称“カウボーイ”と呼ばれる3人の賞金稼ぎが、それぞれの過去から逃れようとアクション満載の激しい戦いを繰り広げる。個性豊かで命知らずなスパイク・スピーゲル(ジョン・チョー)、ジェット・ブラック(ムスタファ・シャキール)、フェイ・ヴァレンタイン(ダニエラ・ピネダ)は、はみ出し者とひねくれ者が集まった3人組。彼らは高額な賞金を狙って、太陽系にはびこる凶悪な犯罪者たちを追跡。しかし、賞金首たちとの乱闘を繰り返しながら軽口をたたいている日々も長くは続かず、彼らの背後には暗い過去の影が迫る。

 製作総指揮を務めるのは、Midnight Radioのアンドレ・ネメック、ジェフ・ピンクナー、ジョシュ・アッペルバウム、スコット・ローゼンバウム、トゥモロースタジオのマーティ・アデルスタインとベッキー・クレメンツ、株式会社サンライズの浅沼誠、佐々木新、尾崎雅之のほか、ティム・コディントン、藤村哲也、マイケル・ケイトルマン、マシュー・ウェインバーグ、クリストファー・ヨストら。ネメックはショーランナーも担当する。また、原作アニメシリーズの監督である渡辺信一郎が本シリーズの監修を務めるほか、原作アニメの楽曲を担当した菅野よう子が本実写版でも再び音楽を手がける。なお、本シリーズには、ビシャス役のアレックス・ハッセルとジュリア役のエレナ・サチンも出演する。

 公開されたキーアートでは、スパイク、ジェット、フェイの3人組の姿が切り取られている。

 本予告映像は、一人たたずむスパイクの姿からスタート。華々しい音楽とともにビバップが動き出し、ジェット、フェイも登場すると、菅野の音楽とともに3人のかけあい、アクションシーンの数々が描かれる。

■配信情報
Netflixシリーズ『カウボーイビバップ』
Netflixにて、11月19日(金)より全世界独占配信(全10話)
ショーランナー・製作総指揮:アンドレ・ネメック
脚本・製作総指揮・企画:クリストファー・ヨスト
監督・製作総指揮:アレックス・ガルシア・ロペス(ep.1、2、5、7、8)
監修:渡辺信一郎
出演(日本版キャスト):ジョン・チョー(山寺宏一)、アレックス・ハッセル(若本規夫)、ダニエラ・ピネダ(林原めぐみ)、エレナ・サチン(高島雅羅)、ムスタファ・シャキール(楠大典)、アイラ・マン(垂木勉)、ルーシー・カリー(長沢美樹)、ロドニー・クック(土師孝也)、メイソン・アレクサンダー・パーク(堀内賢雄)、レイチェル・ハウス(磯辺万沙子)、アン・トルーオン(朴ロ美)、ホア・シャンデ(緑川光)
音楽:菅野よう子
作品ページ:www.netflix.com/CowboyBebop



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる