『ベニスに死す』ビョルン・アンドレセンの真実を描く 『世界で一番美しい少年』12月公開

 俳優ビョルン・アンドレセンの真実を描いたドキュメンタリー『The Most Beautiful Boy in the World(原題)』が、『世界で一番美しい少年』の邦題で12月17日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開されることが決定した。

 “世界で一番美しい少年”として当時一大センセーションを巻き起こしたのは、ルキノ・ヴィスコンティに見出され、映画『ベニスに死す』(1971年)のタジオ役に抜擢された当時15歳のアンドレセン。同作は第24回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、25周年記念賞を受賞。日本でも、1972年のキネマ旬報ベスト・テン第1位に選ばれた。アンドレセンは、同作の日本公開年などに来日、CM出演などの芸能活動も行った。劇中、漫画『ベルサイユのばら』の作者・池田理代子が語るのは、彼が主人公“オスカル”のモデルであったという事実。そして50年後、日本でもヒットを記録したアリ・アスター監督作『ミッドサマー』(2019年)で老人ダンを演じ、その変貌ぶりが話題となった。本作では、『ベニスに死す』の裏側、“世界で一番美しい少年”と呼ばれその後の人生を運命づけられてしまったひとりの人間の栄光と破滅、そして心の再生への道のりを映し出す。

 1971年の映画『ベニスに死す』公開から50年の時を経てアンデルセンが豊富なアーカイブ映像とともに語るのは、巨匠ヴィスコンティとの出会い、“世界一の美少年、タジオ”を探すために壮大な規模で行われたオーディションや映画撮影の裏側、カンヌの華やかな狂騒から来日時の熱狂まで。

 あわせて公開された日本版ポスターも公開。『ベニスに死す』出演のためにヴィスコンティ監督のオーディションを受けた際のアンデルセンのこちらを射るような鋭い瞳の写真が大胆に使用され、「美しいことは罪ですか」のコピーが添えられている。

20211021_themostbeautifulboy_main
20211021_themostbeautifulboy_sub01
20211021_themostbeautifulboy_sub02
20211021_themostbeautifulboy_sub03
previous arrow
next arrow
20211021_themostbeautifulboy_main
20211021_themostbeautifulboy_sub01
20211021_themostbeautifulboy_sub02
20211021_themostbeautifulboy_sub03
previous arrow
next arrow

■公開情報
『世界で一番美しい少年』
12月17日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開
監督:クリスティーナ・リンドストロム、クリスティアン・ペトリ
出演:ビョルン・アンドレセン、池田理代子、酒井政利
配給:ギャガ
製作国:スウェーデン/英語・スウェーデン語・仏語・日本語・伊後/2021/シネスコ/5.1chデジタル/98分/字幕翻訳:松浦美奈/映倫G
(c)Mantaray Film AB, Sveriges Television AB, ZDF/ARTE, Jonas Gardell Produktion, 2021
公式サイト:gaga.ne.jp/most-beautiful-boy



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる