国後島の実態捉えたドキュメンタリー映画『クナシリ』12月4日公開 予告編&ポスターも

 映画『クナシリ』が12月4日よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開されることが決定し、予告編、ポスタービジュアル、場面写真が公開された。

 本作は、ロシアが実効支配する地、北方領土の国後島をフランス在住の監督が映したドキュメンタリー映画。北海道からわずか16キロに位置し、かつては四島全体で約17000人の日本人が生活していたという北方領土。しかし、戦後の1947年から1948年にかけて強制退去が行われ、今日本人は一人もおらず、日本政府は問題が解決するまで、日本国民に入域を行わないよう要請している。本作は、そんな、日本人が容易に足を踏み入れることができない地、北方領土の国後島で暮らすロシア人島民らの生活、島の様子をありのままに映し出す。

 寺の石垣、欠けた茶碗、朽ち果てた船や砲台など、国後島のいたるところに第二次世界大戦の痕跡があり、島民らはそれらを土から掘り起こしながら、日本人との思い出も記憶から掘り起こし始める。日本人墓地は土に埋もれたまま無残に放置されており、島民らの生活圏も、整備が行き届いていない家やゴミが散らばり荒れ果ててている寂しい風景が広がる中、政治に翻弄され、複雑な思いを抱える島民らの実態が明らかになる。

 公開されたポスタービジュアルでは、国後島の荒れ果てた風景とともに当時の写真やそこでそこで暮らす人々の姿が切り取られている。

映画『クナシリ』予告編

 予告編は、テレビ画面に当時の首相、安倍晋三が意気揚々と「互いの信頼関係をより深め 平和条約を締結し……」とスピーチするも、とくに気にもとめていない様子のプーチン大統領が映るシーンから始まり、島民らが自身の生活を語る様子が描かれている。

1012_kunashiri_main
1012_kunashiri_sub2
1012_kunashiri_sub1
1012_kunashiri_sub6
1012_kunashiri_sub5
1012_kunashiri_sub4
1012_kunashiri_sub3
previous arrow
next arrow
1012_kunashiri_main
1012_kunashiri_sub2
1012_kunashiri_sub1
1012_kunashiri_sub6
1012_kunashiri_sub5
1012_kunashiri_sub4
1012_kunashiri_sub3
previous arrow
next arrow

■公開情報
『クナシリ』
12月4日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督・脚本:ウラジーミル・コズロフ
撮影:グレブ・テレショフ
製作:デヴィッド・フーシェ
配給:アンプラグド
2019年/原題:KOUNACHIR/ドキュメンタリー/フランス/74分/5.1ch/ビスタ/日本語字幕:松永昌子
(c)Les Films du Temps Scelle – Les Docs du Nord 2019
公式サイト:kounachir-movie.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる