声優・能登麻美子がナレーション R18+ホラー『マリグナント 狂暴な悪夢』特別映像公開

『マリグナント』能登麻美子による特別映像

 11月12日に公開される映画『マリグナント 狂暴な悪夢』より、声優・能登麻美子がナレーションを務めた特別映像が公開された。

 ある日を境に、目の前で恐ろしい殺人を目撃するという“悪夢体験”に苛まれはじめるマディソン(アナベル・ウォーリス)。予測不能な素早い動きと超人的能力で、人々を殺していく漆黒の殺人鬼。彼女が夢の中で見た殺人の数々は、現実世界でも起きてしまう。 殺人が起きるたび、マディソンはリアルな幻覚かのように殺人現場を疑似体験し、少しずつ自身の秘められた過去に導かれていく。そして、ついにその邪悪な手がマディソンの元へ届くとき、その“狂暴な悪夢”の正体=Gが明らかに……。

映画『マリグナント 狂暴な悪夢』15秒予告映像

 公開された映像で、自身初となるR18+ホラー映画のナレーションに挑戦した能登は、『地獄少女』への声の出演、『事故物件 怖い間取り』(2020年)のナレーションなど、ホラー作品への参加も多い。そんな能登は本作で描かれる新次元の恐怖について、「へばりつくような恐怖感といいますか、主人公のマディソンの目に吸い込まれていきそうで。 視線の先のモノを見たいけど、見たくないという感覚になりました」と感想を語っている。

 そして、本作がこれまでのホラー映画とは一線を画す新次元のホラー映画という点について、「R18+作品のナレーションは初めてだったのですが、恐怖を突き詰めてのR18+指定というのは、一体どんな世界が描かれているんだろう……。一筋縄ではいかないホラー映画なんだろうなと思いましたし、恐怖と楽しさと高揚感を共存している世界というのはこれまで無かったと思うので、この世界に身を置いてみたいです」とコメントした。

■公開情報
『マリグナント 狂暴な悪夢』
11月12日(金)公開
製作・監督・原案:ジェームズ・ワン
出演:アナベル・ウォーリス
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Malignant/R18+
(c)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
公式サイト:malignant.jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる