イ・ソンミン×ユ・ジェミョンが衝突、『ビースト』特別映像公開 菊地成孔らのコメントも

『ビースト』特別映像&著名人コメント

 10月15日公開の映画『ビースト』の特別映像が公開された。

 本作は、正反対の性格ながらも相棒同士だった二人の刑事を描くスリラー。事件解決のためなら手段を選ばないハンスと冷静沈着なミンテは、警察組織の中で昇進をかけた熾烈な争いを繰り広げながら、韓国中を震撼させた連続猟奇殺人犯を追っていた。しかし、二人の執念と野心が激突した時、彼らの“正義”は思いもよらない破滅への引き金となって、自分たちの運命さえも標的にしてしまう。

 ハンスを演じるのは、『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』でその年の賞レースを席巻したイ・ソンミン。かつての相棒ミンテを、Netflixドラマ『梨泰院クラス』で熱視線を浴びたユ・ジェミョンが円自他。そのほか、『名もなき野良犬の輪舞』のチョン・ヘジン、『明日に向かってハイキック』のチェ・ダニエルも出演。東野圭吾原作『さまよう刃』を手がけたイ・ジョンホが監督を務めた。

映画『ビースト』特別映像

 公開された特別映像では、警察とマフィアが繰り広げる壮大な乱闘シーンや、イ・ソンミンとユ・ジェミョンが激突するシーン、目を血走らせたイ・ソンミンが暗闇の中で不気味にライトアップされた様子などが描かれている。

 また、本作をいち早く鑑賞した映画監督の入江悠や、音楽家・文筆家の菊地成孔、ミステリー作家の深町秋生ら著名人からコメントが寄せられた。

コメント

入江悠(映画監督)

死んだ目をした人ばっかり出てくる。だから、面白い。ハードボイルド警察映画はやっぱりこうでなくっちゃ。

菊地成孔(音楽家・文筆家)

もう進化も天井を突いたと毎回思わずにはいられない「韓国ノワール」に、更なる進化が。血生臭さがパリとソウルを繋ぎ、今や世界でも有数のバイタリティを誇る韓国映画界の骨太さと精緻さが、どの国でも起こりうる、しかしどの国の映画界でも描けない物語を血と肉と脳で描き切る。イ・ソンミンとユ・ジェミョンの演技は驚異的。

伊藤さとり(映画パーソナリティ)

時が経つのを忘れ、推理と捜査を体感。韓国ノワールの魅力に取り憑かれるダークな色彩、怪しげな登場人物とキャストのラインナップ。究極の心理戦に惑わされ、震えと興奮が止まらなかった。

人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)

容赦ない暴力と荒みまくった人間模様が織り成す濃密な130分。ぬるさ一切無しの超ハードコアなノワール。
この、胃に来る重さが堪らない。タイトルの通り、観る者に噛み付かんとする野獣のような映画だ。

ビニールタッキー(映画宣伝ウォッチャー)

かつては信頼する相棒同士だった刑事が最も憎むべき敵同士へと変わる。権力闘争と裏切りとプライドが錯綜する極限状態で正義を貫くはずの刑事が己の“獣性”をむき出しにする。欲望に囚われた人間の無限地獄がここにある。

深町秋生(ミステリー作家)

うわ……そこまでやるのか。久々に悲憤と殺意を凝縮した韓流ノワールの爆発的なパワーにノックアウトされた。
『チェイサー』『悪魔を見た』の系譜とも言うべき怪物的な悪意にのたうつイ・ソンミンの慟哭に痺れろ

白石和彌(映画監督)

正義が歪み、運命も歪み、見ている観客の倫理も歪む。腹の底に溜まる粘りのある感情の出口はなかなか見つからない。それでも、どうしようもなくこの映画に惹かれてしまうのは、ノワール映画として最高だからだ。韓国ノワールはまだまだ突き進む。

1006_beast_sub01
1006_beast_sub02
1006_beast_sub03
1006_beast_sub04
1006_beast_sub05
1006_beast_sub06
previous arrow
next arrow
1006_beast_sub01
1006_beast_sub02
1006_beast_sub03
1006_beast_sub04
1006_beast_sub05
1006_beast_sub06
previous arrow
next arrow

■公開情報
『ビースト』
10月15日(金)より、kino cinema横浜みなとみらい、kino cinema立川高島屋S.C.館、kino cinema天神ほか全国順次公開
監督:イ・ジョンホ
出演:イ・ソンミン、 ユ・ジェミョン、チョン・ヘジン、チェ・ダニエル
提供:木下グループ
配給:キノシネマ
2019年/韓国/韓国語/130分/カラー/シネスコ/5.1ch/英題:The Beast/字幕翻訳:李静華/映倫:G
(c)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.
公式サイト:https://movie.kinocinema.jp/works/thebeast



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる