道枝駿佑&目黒蓮、“消えた初恋”エピソード告白? 胸キュンシーンの再現も

道枝駿佑&目黒蓮、“消えた初恋”告白?

 10月9日よりスタートするテレビ朝日オシドラサタデー『消えた初恋』の記者会見が10月5日に行われ、なにわ男子の道枝駿佑、Snow Manの目黒蓮、福本莉子、鈴木仁が登壇した。

 本作は、アルコが作画、ひねくれ渡が原作の同名コミックをドラマ化するラブコメディ。クラスメイトの天使・橋下さん(福本莉子)に片思い中の男子高校生・青木(道枝駿佑)が、ひょんな出来事からクラスメイトで硬派な男子・井田(目黒蓮)に恋していると勘違いされてしまうことから物語が展開されていく。

 撮影シーンでドキッとしたことについて聞かれると、道枝は壁ドンシーンを挙げる。「壁ドンした時にパンチしたのはいいんですけど、壁の繊維みたいなのが腕に刺さって。ドキドキしながらもチクチクしてたという思い出があります」と明かす。

 目黒は相合傘をしながら帰宅するシーンを挙げる。「僕自身、下校しながら相合い傘をするなんて経験がなかったので新鮮な気持ちでやらせてもらいましたし、青木が僕の方に傘をふっと出してくれるあたりにドキドキしました」とコメント。道枝も「キュンキュンしました。かっこよかったんで」と相合い傘のシーンについて振り返る。目黒は照れながら「あの、すっごい、もう……いい人なんです」と道枝と青木両方を褒めた。

 福本は、青木と机の下で恋愛相談をした後で指切りをするシーンを挙げる。そのシーンの撮影で指切りを何度もしたようで、「一生分約束したよね。終わった後、めっちゃ小指赤い!みたいな(笑)」と撮影エピソードを話す。ファンからは手の大きさの違いについても反応があったようだ。そこで司会者からの提案で、道枝と福本がアクリル板越しに手を合わせて大きさを比べてみせる。すると、その横で目黒と鈴木もすかさず手を合わせ、目黒は「こっちはぴったりでした」と笑いを誘った。

 また、青春を感じるシーンについて聞かれた鈴木が「井田の走りに注目してほしいですね」と言うと、出演者たちからは笑いが。続けて鈴木は「井田があっくんのことを追いかけるシーンがあるんですけど、汗を感じさせない、ちょっと怖いぐらいの“マジ走り”で俺は好きでしたね」とコメント。“マジ走り”について目黒は「漫画の中で井田くんは顔もマジですし、監督と相談しながらそれをどこまで表現するのか話し合いながら走ってました」と笑いながら語った。

 本編の壁ドンシーンを再現する場面も。目黒と道枝は恥ずかしがりながらもステージ前方に立つ。新型コロナウイルス感染予防のため話せない2人の代わりに、鈴木と福本が井田と青木の心の声を喋ることに。「緊張するわ〜!」「近い……!」と2人の動きに合わせてアフレコ。一方、目黒と道枝は照れ笑いを浮かべながら壁ドン。無事に終えた目黒は「お2人の心の声が非常に的確で……」と鈴木と福本のアフレコにコメントした。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる