マーク・ラファロ×アン・ハサウェイ トッド・ヘインズ新作『ダーク・ウォーターズ』公開へ

 マーク・ラファロ主演映画『Dark Waters(原題)』が、『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』の邦題で12月17日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開されることが決定した。

 本作は、巨大企業の隠蔽を暴き、立ち向かった一人の弁護士に光をあてた物語。1998年オハイオ州の名門法律事務所で働く企業弁護士ロブ・ビロットが、思いがけない調査依頼を受ける。ウェストバージニア州パーカーズバーグで農場を営むウィルバー・テナントは、大手化学メーカー、デュポン社の工場からの廃棄物によって土地を汚され、190頭もの牛を病死させられたというのだ。さしたる確信もなく、廃棄物に関する資料開示を裁判所に求めたロブは“PFOA”という謎めいたワードを調べたことをきっかけに、事態の深刻さに気づき始める。デュポンは発ガン性のある有害物質の危険性を40年間も隠蔽し、その物質を大気中や土壌に垂れ流してきたのだ。やがてロブは7万人の住民を原告団とする一大集団訴訟に踏みきる。しかし強大な権力と資金力を誇る巨大企業との法廷闘争は、真実を追い求めるロブを窮地に陥れていくのだった……。

 本作のすべては1本の新聞記事から始まった。2016年1月6日のニューヨーク・タイムズ紙に掲載された記事には、米ウェストバージニア州のコミュニティを蝕む環境汚染問題をめぐり、ひとりの弁護士が十数年にもわたって巨大企業との闘いを繰り広げてきた軌跡が綴られていた。この記事は、マーベル・シネマティック・ユニバースのハルク/ブルース・バナー役で絶大な人気を博したラファロの心を動かした。環境活動家でもあるラファロはプロデューサーも兼任して映画化に向けて動き出し、実際のロブ・ビロット本人への取材を行うなど入念な役作りをこなし、静かな迫力をみなぎらせた演技を披露している。

 そのほか、妻サラに役でアン・ハサウェイ、ロブの威厳ある上司タープ役でティム・ロビンス、ロブの弁護団に加わるベテラン弁護士役でビル・プルマンが出演。『ベルベット・ゴールドマイン』『キャロル』『ワンダーストラック』トッド・ヘインズが、ラファロからの直々のオファーを快諾し、本作の監督を務めた。

 あわせて公開されたポスターには、ラファロ演じる主人公ロブが真っ暗な部屋で一つの明かりを灯し、膨大な資料を読み漁っている姿が切り取られている。それはまるで巨大企業の闇に、ひとすじの光を見出すような、途方もない道のりを暗示しているかのよう。さらに「真実に光をあてるために どれだけのもの失う覚悟があるのか―」と添えられたコピーにより、無謀とも思える巨大企業との闘いに挑んだロブの苦難と葛藤が垣間見えるビジュアル
となっている。

■公開情報
『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』
12月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開
出演:マーク・ラファロ、アン・ハサウェイ、ティム・ロビンス、ビル・キャンプ、ヴィクター・ガーバー、ビル・プルマン
監督:トッド・ヘインズ
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2019年/アメリカ/英語/126分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/原題:Dark Waters/G/字幕翻訳:橋本裕充
(c)2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
公式サイト:dw-movie.jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる