アート界の闇を追う『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』11月公開決定 予告編&ポスターも

 映画『The Savior For Sale(原題)』が、『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』の邦題で11月26日から公開されることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 2017年、アート界に激震が走った。一枚の絵がオークションで、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の傑作とされる「サルバトール・ムンディ」=通称「男性版モナ・リザ」として、史上最高額となる510億円で落札されたのだ。購入者は誰なのか、これによって真のダ・ヴィンチ作品だと証明されたのか。本作では、世界中の人々の関心を集め、今なお謎が深まるばかりのこの名画にまつわる疑問を鋭く紐解いていくだけでなく、知られざるアート界のからくり、闇の金銭取引の実態をまでも生々しく暴いていく。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、サルバトール・ムンディを前面に押し出したもの。絵の中には、イエス・キリストが札束を手に握る様子が切り取られている。

映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』予告編

 予告編は、100年以上も行方不明だった「サルバトール・ムンディ」が、由緒あるオークションハウス“クリスティーズ”で、史上最高額の510億円で落札されるシーンからスタート。その後、“2本の親指”や“奇妙な修復”など、あらゆる美術鑑定によって次々と明らかになる不可解な謎、そして華やかなオークションの裏で仕組まれていた策略の数々が描かれている。

 絵画を投資目的とする大財閥やそこから手数料をぼったくろうとする仲介人、大衆を利用して絵の価値を釣り上げていくマーケティングマンと利用されるハリウッド・スターのレオナルド・ディカプリオ、アートを利用して覇権を手に入れたいサウジアラビアの皇太子らあらゆる世界の人々の姿も確認できる。

■公開情報
『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』
11月26日(金)TOHO シネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
監督:アントワーヌ・ヴィトキーヌ
配給: ギャガ
原題:The Savior For Sale/100分/フランス映画/カラー/ヴィスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:松岡葉子
(c)2021 Zadig Productions (c)Zadig Productions-FTV
公式サイト:gaga.ne.jp/last-davinci/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる