小栗旬、物語のカギを握る探偵役で『マイ・ダディ』出演 主演のムロツヨシ自らオファー

 ムロツヨシ初主演映画 『マイ・ダディ』に小栗旬が出演していることが発表された。

 本作は、監督・共同脚本を務める金井純一が、2016年に開催された第2回「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM(ツタヤクリエイターズプログラム)」において、総応募数422作品の中から準グランプリを受賞した企画を映像化するもの。Hulu配信ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』などの脚本を手がける及川真実との共同脚本で映画化される。

 本作の主人公・御堂一男役でムロが主演を務め、お人好しで誠実な父親を演じる。娘・ひかり役は第8回「東宝シンデレラ」オーディションファイナリストの中田乃愛、一男の妻であり、ひかりの母・江津子役で奈緒が出演。そのほか、毎熊克哉、臼田あさ美、永野宗典、平成ノブシコブシの徳井健太、光石研らが出演する。

 普段からムロと親交の深い小栗が演じるのは、物語のカギを握る探偵役。医師から白血病と告げられ、親子関係がないことも発覚した娘のひかりを助けるために、本当の父親を探すことを決めた一男が訪れる探偵事務所の探偵・長崎亮太を演じる。

 小栗の出演についてムロは「探偵役はどんな人がイメージなのか? を監督と話していた時に『小栗だったらね』と提案したところ『それいいですね』と。その後、直接、映画に出てもらえないか、こういう役があるんだけどって言ったら『もちろん、出させていただきます』って。言ってみるものだなって。出てもらえて嬉しかったですね」とムロ自ら小栗へオファーをしたことを明かしている。

 一方の小栗は、「ムロくんから、初主演をする作品で一ついい役があるんで、もしタイミングさえ合えば出てくれないかみたいな話をされまして。撮影はあっという間でしたが、楽しかったです。かなり苦悩しているムロくんの姿を、少しだけでも垣間見ることができて、そこは非常にいい経験だったと思います」と撮影を振り返っている。

『マイ・ダディ』新予告

 あわせて、場面写真と新しい予告編も公開となり、これまで明かされていなかった、一男の妻・江津子への複雑な気持ちも映し出されている。

■公開情報
映画『マイ・ダディ』
9月23日(木・祝)全国公開
出演:ムロツヨシ、奈緒、毎熊克哉、中田乃愛、臼田あさ美、徳井健太、永野宗典、小栗旬、光石研
監督:金井純一
脚本:及川真実、金井純一
音楽:岡出莉菜
主題歌:「それは愛なんだぜ!」カーリングシトーンズ(ドリーミュージック)
配給:イオンエンターテイメント
(c)2021「マイ・ダディ」製作委員会
公式サイト:https://mydaddy-movie.jp/ 
公式Twitter:@mydaddy_movie
公式Instagram:@mydaddy_movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる