兄妹のさまざまな人間模様を描く 『ローラとふたりの兄』ポスター&予告編公開

 12月10日に日本公開される『ローラとふたりの兄』のポスタービジュアルと予告編が公開された。

 『愛しき人生のつくりかた』のジャン=ポール・ルーヴ4作目の監督作となる本作は、作家であり脚本家のダヴィッド・フェンキノスと再タッグを果たしたラブコメディ。人々の日常を精妙かつユーモラスに描き、プチ・ブル(中産階級)たちの生活を捉えるカメラは、明確に階層化された皮肉なフランス社会の明暗をも浮き上がらせる。

 フランス⻄部の都市・アングレーム。弁護士のローラ(リュディヴィーヌ・サニエ)にはちょっと変わった2人の兄がいる。眼鏡士のブノワ(ジャン=ポール・ルーヴ)と解体業者のピエール(ジョゼ・ガルシア)。3兄弟は死別した両親の墓参りで毎月一度は集まることが習慣になっている。ある日、ブノワの3度目の結婚式、大遅刻をしてきたピエールの失礼なスピーチが原因で兄弟喧嘩が勃発。そんな中、離婚調停の依頼人だったゾエール(ラムジー・ベディア)と恋をするローラだったが、病院である事実を告げられる。ピエールは深刻な仕事のトラブルを抱え、ブノワは心の準備なしに父親になることに。それぞれの事情が3人を引き離してもおかしくないが、兄弟たちは強い絆で結ばれていて……。

『ローラとふたりの兄』予告編

 予告編では、デート中に「君の弱点を教えて?」と尋ねられて「兄が二人いるわ」と答えるローラの言葉から始まる。続くシーンでは、長男ブノワと次男ピエールの“ちょっと困った”様子が伺える。ブノワの結婚式、花嫁サラの名前を「サンドラ」と言い間違えて会場の空気を白けさせるピエールに、「恥ずかしい」と呆れ顔の息子ロミュ。月に一度の両親のお墓参りでも、まだ弟の失態を根に持っているブノワとピエールが言い争っていると、「静かにしてくれ」と苦情を寄せる老人。それに対して「どうせみんな死んでるよ」と不謹慎なセリフを堂々と言い放つブノワ。終いには、恋人ができたことを報告するローラに、兄たちは「早まるな よく考えろ」と過保護ぶりを発揮して、ローラの幸せムードを台無しに……。一方で、そんな厄介な兄たちが人生の問題を抱えた様子も描かれる。しかし、辛いときには誰かが不意に心を軽くするような言葉を投げかけてくれる。「泣くほど辛いなら 無理するのやめれば?」「難しいことはコーヒーを飲んでから考えましょう」「俺は兄貴なんだ 頼っていいんだよ」「あなたがいてくれてよかった」「人生どうにかなるよ」。ときどき嫌気が差すようなことがあっても家族も人生も愛にあふれている、そんなあたたかなメッセージを投げかけるような映像に仕上がっている。

 ポスタービジュアルは、「家族も、人生も、ままならなくていとおしい」というコピーに、ローラ、ピエール、ブノワの3兄妹が並んだカットが切り取られている。また、3兄妹にとって大切な存在である登場人物たちの劇中カット、さらには物語にアクセントを添えるサブキャラクターたちがLOLAの文字を囲むように添えられ、さまざまな人間模様を期待させる、フランスらしいムード漂うポスタービジュアルになっている。

■公開情報
『ローラとふたりの兄』
12月10日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督:ジャン=ポール・ルーヴ
出演:リュディヴィーヌ・サニエ、ジョゼ・ガルシア、ジャン=ポール・ルーヴ、ラムジー・べディア、ポーリーヌ・クレマン、フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー、フラン・ブリュノー、ガブリエル・ナカーシュ
配給:サンリスフィルム
2018年/カラー/フランス/105 分/原題:Lola et ses freres/英題:Lola & Her Brothers/字幕翻訳:手束紀子/
(c)2018 NOLITA CINEMA – LES FILMS DU MONSIEUR – TF1 DROITS AUDIOVISUELS – FRANCE 2 CINEMA
公式サイト:https://senlisfilms.jp/lola_and_bros
公式Twitter:@lola_and_bros
公式Instagram:@senlisfilms
公式Facebook:@senlisfilms



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる