小野花梨と見上愛の瞳に映る渋谷 『プリテンダーズ』予告編&ポスタービジュアル公開

 10月16日公開の小野花梨主演映画『プリテンダーズ』のポスタービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、社会からスルーされ続けた「ゴッホ」に自らを重ね、社会に反抗する17歳の花田花梨が主人公。妻を失った父と歳の離れた妹と暮らす花梨は、半ば引きこもりの日々を過ごしていたが、父との言い争いをきっかけに、親友・風子の家へ転がり込む。ある日、電車内で病人に席を譲ったときの得も言われぬ感覚が花梨にひらめきをもたらす。風子の協力を得た花梨はプリテンダーズを結成。武器は“アイデア”と“SNS”のみ。満員電車での諍いを喜劇に変えたり、ゾンビを街に出現させたり……次々と型破りなドッキリを仕掛け、フィクションの力で世界を変えようと突き進む。プリテンダーズは協力者を増やしていき、バズっていく。しかしふたりを待っていたのは、社会からのしっぺ返しだった。

 監督を務めるのは、自主映画『珈琲とミルク』が「第27回ぴあフィルムフェスティバル」PFFアワード2005にて、審査員特別賞・企画賞・クリエイティブ賞を受賞、長編初監督作『パーク アンド ラブホテル』が第58回ベルリン国際映画祭にて日本人初となる最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出。制作はテレビマンユニオンが手がける。

 主人公・花田花梨を演じるのは、2021年後期のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』への出演が決定している小野。親友・仙道風子を、今年放送されたNHKドラマ『きれいのくに』に出演した見上愛が演じる。そのほか、古舘寛治、奥野瑛太、吉村界人、柳ゆり菜、佐藤玲、加藤諒、浅香航大、村上虹郎、津田寛治、渡辺哲、銀粉蝶らも出演している。

公開されたポスターは、まっすぐな眼差しをむける花梨と、先を見つめる風子をアップにしたビジュアルに仕上がっている。ふたりの瞳には渋谷の街が映し出され、ゴッホをコラージュしたフライヤーのビジュアルは、リアルとフィクションを混ぜた世界を表現。予告編では、踊ってばかりの国による主題歌「ghost」が、2人の心情とシンクロするように響いている。

 また、「2ちゃんねる」を創り上げたひろゆきから 「引きこもりの女子高生がSNSで社会を変えるという話に興味津々で鑑賞していたら……意外な結末にほっこりしました。カメラの長回しで主人公が心情を語るシーンはしっかりと彼女の気持ちが伝わってきて面白かったです」と絶賛コメントが届いた。

『プリテンダーズ』予告編

■公開情報
『プリテンダーズ』
10月16日(土)より、渋谷・ユーロスペースほか全国順次公開
監督・脚本・編集:熊坂出
出演:小野花梨、見上愛、古舘寛治、奥野瑛太、吉村界人、柳ゆり菜、佐藤玲、加藤諒、浅香航大、村上虹郎、津田寛治、渡辺哲、銀粉蝶ほか
制作プロダクション:テレビマンユニオン
配給・宣伝:gaie
配給協力:Mou Pro.
(c)2021「プリテンダーズ」製作委員会
公式サイト: pretenders-film.jp
公式Twitter:@pretenders_film



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる