仲村トオル×杉野希妃が堕ちていく男女に 万田邦敏監督作『愛のまなざしを』特報公開

『愛のまなざしを』特報

 11月12日より公開される映画『愛のまなざしを』の特報映像が公開された。

 本作は、万田邦敏監督が手掛ける人間の性とエゴをあぶりだした愛憎サスペンス。妻を亡くしたことで、もう二度と誰も愛せないと思いつめ、生と死のあわいを彷徨うように生きる精神科医の前に現れたのは、彼を救済するかのような微笑みをたたえた女だった。堰を切ったかのように女に溺れていく男、愛を求め続けても誰からも返されることなく孤独の果てを彷徨ってきた女。2人はそれぞれの日常を捨て、激しく求めあう。しかし、女には別の顔が存在した。男が信じた愛は、そこに確実に存在したのか。そしてそれは「愛」そのものであったのか――。

 精神科医・貴志を演じたのは、万田監督作品『UNloved』『接吻』でキーパーソンを好演した仲村トオル。貴志からの愛を渇望する綾子役には、監督、プロデューサーとしても精力的に活動する杉野希妃が抜擢された。死んだ姉に焦がれ、綾子の登場により翻弄されるも真実をつかもうとする内山茂役には、監督、プロデュースなど肩書を超えて活躍する斎藤工。映画やドラマ、舞台でしなやかな演技力が光る中村ゆりが、六年前に亡くなった貴志の妻を演じる。貴志の息子・祐樹役として十代の繊細な心の揺れ動きを表現した藤原大祐は、オーディションで役を掴み、本作が映画デビュー作となった。そのほか、片桐はいり、ベンガル、森口瑤子などがキャストに名を連ねた。

『愛のまなざしを』特報

 公開された特報では、妻を亡くした男・貴志と愛に飢えていた女・綾子の姿が映し出され、2人の歯車が狂っていく様子が垣間見える映像となっている。

 また、特報公開とあわせて、杉野と斎藤より、下記のコメントが寄せられている。

コメント

杉野希妃(水野綾子役)

『愛のまなざしを』は、実体のないものに囚われ、愛を渇望する人たちの話です。不器用な生き方しかできない綾子という人物を演じながら、彼女を激しく嫌悪し、同情し、共感しました。

万田監督のきめ細やかな演出に従うにつれ、綾子は飢えた獣なのだと実感し、理性を剥ぎとるよう努めました。彼女の弱さと強さは私自身のものでもあり、そのことがまるで鏡のように反射して撮影を終えてもなお自分を苦しめました。愚かな女だと言ってしまうのは簡単だけれど、愚かさこそが人間の本質かもしれません。コロナ禍の今、彼女の切実さをやっと愛せるような気がしています。

愛のまなざしをぜひ劇場で感じてください。

斎藤工(内山茂役)

万田邦敏監督の唯一無二の映画文法の元生まれた
愛の三部作最終章である本作のに寄り添えた事は私の大いなる財産です
曖昧で不確で奇妙な人間と言う生き物の生む愛憎と言う普遍的な物語
そこに映し出されるは他人事なのか
はたまた我が事なのか
(感染対策を万全にした上で)
劇場で出逢って浸って頂けたら幸いです

20210908-aino-02
20210908-aino-03
20210908-aino-04
20210908-aino-05
previous arrow
next arrow
20210908-aino-02
20210908-aino-03
20210908-aino-04
20210908-aino-05
previous arrow
next arrow

■公開情報
『愛のまなざしを』
11月12日(金)渋谷ユーロスペース、池袋シネマ・ロサ、キネカ大森、イオンシネマほかにて全国順次公開
監督:万田邦敏
出演:仲村トオル、杉野希妃、斎藤工、中村ゆり、藤原大祐、万田祐介、松林うらら、ベンガル、森口瑤子、片桐はいり
プロデューサー:杉野希妃、飯田雅裕
脚本:万田珠実、万田邦敏
企画・制作協力:和エンタテインメント
配給:イオンエンターテイメント、朝日新聞社、和エンタテインメント
製作:「愛のまなざしを」製作委員会(ENBUゼミナール、朝日新聞社、和エンタテインメント、ワンダーストラック、イオンエンターテイメント、はやぶさキャピタル)
(c) Love Mooning Film Partners
公式サイト:aimana-movie.com 



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる