仲村トオル×杉野希妃×斎藤工『愛のまなざしを』ポスター完成 公開日は11月12日に

 仲村トオル、杉野希妃、斎藤工、中村ゆりが共演する、万田邦敏監督作『愛のまなざしを』の公開日が11月12日に決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

 本作は、『UNloved』『接吻』に続き、万田監督と共同脚本・万田珠実が3度目のタッグを組んだ愛の3部作最終章。人間の性とエゴをあぶり出した愛憎サスペンスを描く。

 万田監督作品『UNLOVED』『接吻』でキーパーソンを演じた仲村が、現実と幻想の区別がつかなくなる精神科医・貴志役を演じる。貴志からの愛を切望する綾子を、監督・プロデューサーとしても精力的に活動する杉野が演じ、本作の発案・プロデュースも務めた。死んだ姉に恋焦がれる内山茂役には斎藤が決定。そして中村が、6年前に亡くなった貴志の妻の亡霊を演じる。貴志の息子・祐樹役を務めた藤原大祐は、オーディションで役を掴み、本作で映画デビューを飾った。さらに、片桐はいり、ベンガル、森口瑤子が脇を固める。

 公開されたポスタービジュアルでは、「救いを求め、堕ちてゆく」というコピーとともに、仲村と杉野の姿が切り取られている。

 また、中村と貴志のメンタルクリニックに勤める職員・池田役の片桐はいりからはコメントが寄せられた。

コメント

中村ゆり

脚本を拝読した時、これはどういう映画になるんだろう……と、不思議な気持ちになりました。しかし、この作品の脚本、監督だけにしかない、画と言うか、詩、言葉があるような気がして、覗いてみたい気持ちになり、参加させていただきました。
私が演じた役は、関わった人に光も影も残して行くような人です。
孤独や弱さに翻弄され、もがきながら、それでもサバイブしていく人達をぜひご覧ください。

片桐はいり

万田監督の、超高感度のセンサーが隙なく張り巡らされたような現場に、薄氷をふむような気持ちで挑みました。さらに仲村トオルさんと杉野希妃さんの間には、一触即発の危ない糸がからみあっていて、わたしはよけいな波動を起こしてセンサーを発動させぬようにと必死でした。めまいがしました。ですから皆さんも、自らの胸の内でどうにも気にかかるひとつの絵を探すために深夜の美術館に忍び込むような、そんな心持ちで、映画館に、劇場の暗闇に潜入していただければと思います。

0821_aimana_sub01
0821_aimana_sub02
0821_aimana_sub03
0821_aimana_sub04
previous arrow
next arrow
0821_aimana_sub01
0821_aimana_sub02
0821_aimana_sub03
0821_aimana_sub04
previous arrow
next arrow

■公開情報
『愛のまなざしを』
11月12日(金)より、渋谷ユーロスペース、池袋シネマ・ロサ、キネカ大森、イオンシネマほかにて全国順次公開
出演:仲村トオル、杉野希妃、斎藤工、中村ゆり、藤原大祐、万田祐介、松林うらら、ベンガル、森口瑤子、片桐はいり


監督:万田邦敏


脚本:万田珠実、万田邦敏


プロデューサー:杉野希妃、飯田雅裕
企画・制作協力:和エンタテインメント
制作:キリシマ1945
配給:イオンエンターテイメント、朝日新聞社、和エンタテインメント
製作:「愛のまなざしを」製作委員会(ENBU ゼミナール、朝日新聞社、和エンタテイン
メント、ワンダーストラック、イオンエンターテイメント、はやぶさキャピタル)


2020年/日本/日本語/102分/英題:Love Mooning/HD/カラー/Vista/5.1ch
(c)Love Mooning Film Partners


公式サイト:aimana-movie.com
公式Twitter:aimana_movie
公式Facebook:aimana.movie20



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる