『ボイスII』増田貴久演じる石川透、県警本部長を射殺? 症状は悪化の一途を辿る

『ボイスII』石川透、県警本部長を射殺?

 日本テレビ系土曜ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』より第7話の場面写真が公開された。

 本作は、2019年7月に放送された『ボイス 110緊急指令室』の2年ぶりの続編。勘と行動力で突き進む情熱的な敏腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への復讐に燃えた男・樋口彰吾を演じた唐沢寿明と、特殊能力を生かし、事件の鍵を“声”と“音”で紐解く緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり役の真木よう子、警察官・石川透役の増田貴久が前作に引き続き出演する。

 場面写真では、恐怖の表情を見せうずくまる石川透(増田貴久)の姿が切り取られている。

 9月4日放送の第7話は、透の眼前に県警本部長の死体があるという状況からスタート。犯人を死なせてしまった過去から、感情が高ぶったり、精神的に追い詰められたりすると、脳への酸素供給が途切れてしまうという病を抱えている透。意識がなくなったり、記憶を失ったりする症状が現れる回数が増え、記録に残らないように薬を処方してもらい、その薬の力を借りて捜査を続けていた。そして、残りあと1回分あったはずの薬がなく、眼前の光景が歪み、意識を失い、目を覚ますと本部長が銃で撃たれて死んでおり、透の手には拳銃が握られていた。記憶も抜け落ちてしまう透は、自分が撃ったのか分からないその状況で、はたしてどのような行動に出るのか。「自分の弱さを認めることも強さだ」と捜査から外れることを諭した兄貴・樋口彰吾(唐沢寿明)は石川透を追うことになるのか。

■放送情報
『ボイスII 110緊急指令室』
日本テレビ系にて、毎週土曜22:00〜放送
出演:唐沢寿明、真木よう子、増田貴久、宮本茉由、中川大輔、藤間爽子
原作: Based on the series “Voice”,produced and distributed
by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co., Ltd,and written by Jinwon Ma.
脚本:浜田秀哉
音楽:ゲイリー芦屋
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:尾上貴洋、能勢荘志、戸倉亮爾 (日テレアックスオン)
演出:大谷太郎、久保田充、西村了(日テレアックスオン)、茂山佳則(日テレアックスオン)
制作協力:日テレアックスオン
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/voice2/
公式Twitter:@voice_ntv
公式Instagram:@voice.ntv



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる