『ボクの殺意が恋をした』松本穂香の演技と表情が恐怖! 藤木直人参戦で終盤に向けて加速

『ボク恋』松本穂香の演技と表情が恐怖!

 死んだと思っていた丈一郎(藤木直人)が生きていた。柊(中川大志)にとって、こんなに嬉しいことはないだろう。だが、ほっこり……とはいかない。『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)第8話は、かつてないほどスリリングな回となった。

 丈一郎は、全てを知っていた。千景(田中みな実)から聞かされていたのだ。詩織(水野美紀)が、SOS(※殺し屋組織)を私的に使っていたことも、それに気付いた武尊(小池徹平)を殺害したことも。

 初めは、千景のことを疑っていた丈一郎だが、徐々に信じざるを得ない状況になっていく。そして、殺され(かけ)た“あの日”、覚悟を決めて詩織と会うことにしたのだ。「一緒に自首しよう」と。

 これは、彼にとっての賭けだったのだろう。自分や柊の前で見せていた優しい詩織の姿は、偽物なんかじゃない。もしそうだったとしても、絶対に変わってくれると信じて。

 だが、詩織は丈一郎が背を向けた瞬間に発砲した。丈一郎の「信じたい」という気持ちは、一瞬にして壊されたのだ。彼が伝説の殺し屋だったから撃たれる直前に心臓への直撃を防げたものの、普通の人ならば確実に殺されていたはず。

 思えば、このドラマは「信じたい」という気持ちで溢れている。丈一郎は、千景から証拠を突きつけられた時も、「そんなことするはずない!」と詩織のことを信じていた。いや、信じたかったのだろう。“あの日”も、「詩織ちゃんは、俺を殺したりしない」とわざと背を向けて。詩織が、柊を狙ったと聞かされた時もそうだ。「どうしても、信じられなくて……」と切なそうにつぶやく姿が、葵(新木優子)のことを疑いきれずに苦しんでいた柊の姿に重なる。

 数々の点と点が結びついた今回。いちばん衝撃だったのが、“こけし女”こと莉奈(松本穂香)の正体だ。明らかに異色なキャラクターだったため、「何かある」とは思っていたが、まさか詩織側の人物だったなんて……。財閥令嬢で世間知らずの莉奈が、柊の会話を盗聴している時の表情には、ゾッとさせられた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる