橋本環奈が栗原類の肩を抱き誘惑!? 『劇場版 ルパンの娘』新場面写真公開

『劇場版 ルパンの娘』橋本環奈が栗原類誘惑

 10月15日公開の深田恭子主演映画『劇場版 ルパンの娘』の新場面写真が公開された。

 代々泥棒一家である“Lの一族 の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭 ”和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた『ルパンの娘』。2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大の同名小説を原作に、2019年7月よりフジテレビ系列にてドラマ1作目の放送がスタート。翌2020年にはドラマ2作目が放送され、泥棒一家と警察一家に加え、新たに代々名探偵一家である北条家の娘・北条美雲(橋本環奈)が登場した。劇場版は、『ルパンの娘』の続編にして、最終章となる。

 主演の深田のほか、お馴染みのレギュラーキャストが引き続き出演。監督と脚本も、映画『翔んで埼玉』(2019年)の武内英樹監督と脚本家・徳永友一がドラマ版に引き続き担当する。

 公開された新場面写真は、美雲が艶のある表情で三雲渉(栗原類)の肩を抱き誘惑している一枚。このシーンは、今回の劇場版でキーとなる“もう一人のLの一族”の存在について、何やら美雲が秘密を掴んでいると知り、渉が美雲の住むアパートを訪れるワンシーンだ。そこで渉は美雲から情報を聞き出そうとするのだが、「一緒にお風呂入りまひょか。ほな、うちとちゃぷちゃぷしまひょ」と美雲が頬を赤らめ、渉を突如、誘惑する。美雲の変貌の理由、そして「ちゃぷちゃぷしまひょ」という言葉の意味とは何なのか。

 本シーンの撮影について橋本は「今回の美雲ちゃんの見どころの一つですが、撮影では一番難しかったです」と振り返り、狙いすぎると面白くならないコメディ特有の塩梅に苦労し、監督と幾度も相談をして挑んだという。一方の栗原は、橋本と共演経験があったことから、「何の心配もなく、安心して演じることができました」と振り返る。そして本シーンでの色気溢れる橋本の演技にぜひ注目してほしいとコメントした。

■公開情報
『劇場版 ルパンの娘』
10月15日(金)全国公開
出演:深田恭子、瀬戸康史、橋本環奈、小沢真珠、栗原類、どんぐり(竹原芳子)、観月ありさ、市村正親、藤岡弘、(特別出演)、大貫勇輔、小畑乃々、岡田義徳、太田莉菜、マルシア、信太昌之、我修院達也、麿赤兒、渡部篤郎
原作:横関大『ルパンの娘』『ルパンの帰還』『ホームズの娘』(講談社文庫刊)
監督:武内英樹
脚本:徳永友一
音楽:Face 2 fAKE
配給:東映
(c)横関大/講談社 (c)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
公式Twitter:@lupin_no_musume
公式Instagram:@lupin_no_musume



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる