小坂流加の恋愛小説『余命10年』映画化決定 監督は藤井道人、脚本に岡田惠和と渡邉真子

小坂流加『余命10年』藤井道人監督で映画化

 小坂流加の恋愛小説『余命10年』(文芸社文庫NEO刊)が藤井道人監督によって映画化され、2022年に公開されることが決定した。

小坂流加『余命10年』文芸社文庫NEO刊

 2017年に発売され、累計発行部数50万部を突破している小坂の同名原作を映画化する本作は、数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉が主人公の物語。茉莉は、生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていたが、地元の同窓会で和人と出会い、茉莉の10年が大きく動いていく。

 原作は、第6回静岡書店大賞の「映像化したい文庫部門」の大賞を受賞。文庫化と同時に、著者が主人公同様に難病を抱え病状が悪化、本作の文庫版発行直前の2017年2月にすでに逝去していたことが明らかになっている。

 『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』の藤井が監督を務め、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『雪の華』の岡田惠和と、『一億円のさようなら』(NHK BSプレミアム)の渡邉真子が脚本を手がける。

 あわせて、コミック版『余命10年』がLINEマンガで配信されることも決定した。

コメント

藤井道人監督

初めて『余命10年』を読んだとき、原作の小坂流加さんが生前に抱いていた「生きる」ということへの想いで溢れた小説だと思いました。普段見落としがちな四季折々の自然の変化や、主人公・茉莉と和人が過ごした日々は、まるで小坂さんが生きている時に思い描いていた「夢」だったようにも感じました。僕は、この作品を直感的に映画として残したいと強く思いました。
当たり前が当たり前ではなくなったこの世の中で、小坂さんが残してくれた「余命10年」という作品が、皆さまの明日を生きる糧となるように、信頼するキャスト・スタッフと約一年に渡り四季を撮り続け、この映画に向き合って来ました。公開を楽しみに待っていていただけると幸いです。

関口大輔 プロデューサー

小坂流加さんが『余命10年』に込められた想いをきちんと映像化して世の中に届けたいと思い、映画化を決心しました。ただしこの原作を映像化するには多くの高い才能を集め、緻密な脚本を練り上げ、他の映画にはない「余命10年」ならではの映像を作らないといけない、というプレッシャーも感じました。そのうえで、この原作をしっかりと受け止め、演出できる監督として他の邦画にはないセンスと高い演出力を持つ藤井道人さんにお願いしました。

■公開情報
映画『余命10年』
2022年公開
原作:小坂流加『余命10年』(文芸社文庫NEO刊)
監督:藤井道人
脚本:岡田惠和、渡邉真子
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2022映画「余命10年」製作委員会
公式Twitter:@yomei10movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる