『劇場版 ルパンの娘』本ポスターに深田恭子ら集結 主題歌はサカナクション書き下ろし新曲

 10月15日公開の深田恭子主演映画『劇場版 ルパンの娘』の本ポスタービジュアルが公開。あわせて本作の主題歌がサカナクションが劇場版のために書き下ろした新曲に決定した。

 代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた『ルパンの娘』。2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大の同名小説を原作に、2019年7月よりフジテレビ系列にてドラマ1作目の放送がスタート。翌2020年にはドラマ2作目が放送され、泥棒一家と警察一家に加え、新たに代々名探偵一家である北条家の娘・北条美雲(橋本環奈)が登場した。劇場版は、『ルパンの娘』の続編にして、最終章となる。

 主演の深田のほか、お馴染みのレギュラーキャストが引き続き出演。監督と脚本も、映画『翔んで埼玉』(2019年)の武内英樹監督と脚本家・徳永友一がドラマ版に引き続き担当する。

 公開されたのは「家族の絆は盗めない。」というコピーとともに、美術品のように高級感がある黄金の額縁の中に収められた本ポスタービジュアル。華と和馬の新婚旅行で訪れたディーベンブルク王国で、史上最大のお宝を目指す、伝説の泥棒一家・Lの一族と北条美雲(橋本環奈)。一族の娘・三雲華(深田恭子)を中心に、真っ直ぐとお宝を見据えているかのような真剣な眼差しからは、最後のお仕事にかける決意が溢れている。そして背後には、今回Lの一族の前に立ちはだかる謎の敵、通称“JOKER”の姿が。禍々しい表情で、手にはナイフのような凶器を握っている。また、ドラマシリーズからおなじみのミュージカルシーンで輝く市村正親と大貫勇輔扮する円城寺親子の姿も。美しいピンク色の花に囲まれ、いまにも歌いだしそうに両手を広げ歓迎しているよう。普段はひっそりと鍛錬にいそしんでいる和馬の祖父・桜庭和一(藤岡弘、)は、泥棒一家最後のお仕事に参戦しそうな勢いで正面から刀を構える。 そして、敵か味方か、謎に包まれたもう一人のLの一族・三雲玲(観月ありさ)は、マスクを身に着け臨戦態勢で写り込んでいる。

 また、サカナクションがドラマ『ルパンの娘』の主題歌「モス」に続き、プロットや完成前の本編映像を見ながら、劇場版のための新たな楽曲を書き下ろす。

■公開情報
『劇場版 ルパンの娘』
10月15日(金)全国公開
出演:深田恭子、瀬戸康史、橋本環奈、小沢真珠、栗原類、どんぐり(竹原芳子)、観月ありさ、市村正親、藤岡弘、(特別出演)、大貫勇輔、小畑乃々、岡田義徳、太田莉菜、マルシア、信太昌之、我修院達也、麿赤兒、渡部篤郎
原作:横関大『ルパンの娘』『ルパンの帰還』『ホームズの娘』(講談社文庫刊)
監督:武内英樹
脚本:徳永友一
音楽:Face 2 fAKE
配給:東映
(c)横関大/講談社 (c)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
公式Twitter:@lupin_no_musume
公式Instagram:@lupin_no_musume



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる