ヒュー・ジャックマン主演映画『レミニセンス』日本版本予告完成 IMAXでの公開も決定

『レミニセンス』本予告

 9月17日に公開されるヒュー・ジャックマン主演『レミニセンス』のIMAX公開が決定し、あわせて日本版本予告が公開された。

 『インセプション』『TENET テネット』など数々の作品を送り出してきたクリストファー・ノーラン。本作は、彼の弟にして、共同で『ダークナイト』や『インターステラー』などの脚本も執筆してきたジョナサン・ノーランが製作を務めるSFサスペンス。人の記憶に潜入(レミニセンス)し、記憶を360度の空間で再現する。

 メガホンを取ったのは、ドラマ『ウエストワールド』の脚本・製作総指揮を務めたリサ・ジョイ。本作が映画監督デビュー作となった。『グレイテスト・ショーマン』や『X-MEN』シリーズのジャックマンが、人の記憶に潜入(レミニセンス)、その記憶を360度再現し、事件を解決する「記憶潜入(レミニセンス)エージェント」のニック役で主演を務める。共演には、『グレイテスト・ショーマン』でジャックマンと共演したレベッカ・ファーガソン、『ウエストワールド』のタンディ・ニュートンらが集結した。

『レミニセンス 』本予告編

 公開された日本版本予告では、地球温暖化により海面が上昇、都市が海に沈み、水に支配された世界が描き出されている。「記憶は時間を遡り、俺は時間を超越する」というニック(ヒュー・ジャックマン)は、人の記憶に「レミニセンス(記憶潜入)」し、その記憶を360度の空間映像に再現して事件を捜査する“記憶潜入エージェント”。崩壊の危機が迫る世界で、ニックは検察から依頼された、ある事件の鍵を握る失踪したひとりの女性・メイ(レベッカ・ファーガソン)を探すため、多くの人々の記憶に“レミニセンス”する。ニックは膨大な記憶に挑むが、記憶には罠があり、記憶に吞み込まれるとそのループから抜け出せなくなるという。「何かがおかしい」と訴えかけるワッツ(タンディ・ニュートン)、グレーのスーツに帽子をかぶり全く同じ服装をした人々、360度映し出される映像の中に佇むニック。その記憶は本物か。これは現実なのか。記憶のトリックを見破り、真実にたどり着くことはできるのか。

■公開情報
『レミニセンス』
9月17日(金)全国公開
出演:ヒュー・ジャックマン、レベッカ・ファーガソン、タンディ・ニュートン
製作:ジョナサン・ノーラン、リサ・ジョイ
監督:リサ・ジョイ
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる