松本穂香、第6話から『ボクの殺意が恋をした』出演 「嫌われない程度に愛されればいいな」

『ボク恋』第6話から松本穂香が出演

 毎週日曜22時30分より放送中の中川大志主演ドラマ『ボクの殺意が恋をした』。8月15日放送の第6話より松本穂香が新たに出演することが発表された。

 本作は、『ルパンの娘』(フジテレビ系)や『グッド・ドクター』(フジテレビ系)などのテレビドラマをはじめ、『翔んで埼玉』や『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』などの映画脚本も手がける徳永友一らによる、殺意と恋が入り混じる“スリリング・ラブコメディ”。 最高に“間が悪い”殺し屋で、標的を殺すどころか恋してしまう男虎柊役で中川が主演を務め、秘密を抱える暗殺ターゲットのヒロイン鳴宮美月役を新木優子、柊の育ての親で伝説の殺し屋・男虎丈一郎役を藤木直人が演じる。そのほか、鈴木伸之、田中みな実、中尾明慶、水野美紀らが共演に名を連ねる。

 新木演じる鳴宮美月が、「私は……葉山葵。鳴宮美月に頼まれて、彼女のフリをしていたの」と男虎柊(中川大志)に告げ、一つの秘密が明らかになり幕を閉じた第4話。8月8日放送の第5話からは、登場人物たちの秘密が暴かれ新展開へ突入する「秘密編」が開幕する。

 松本が演じるのは、柊の前に突然現れ「柊くんの…許嫁です…」と告げる藤堂莉奈。今後のストーリーを左右する人物だ。果たして莉奈は何者なのか。なお、松本と中川は、auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で共演を果たしている。

松本穂香(藤堂莉奈役)コメント

現場の雰囲気について

途中から参加というのが初めてで、皆さんが馴染みきった中に、突然私が入って大丈夫かなという不安はあったんですけど、本当にいい雰囲気でした。皆さん楽しそうだなと思いながら、参加させて頂きました。

“男虎柊”を演じている中川大志の印象

応援したくなるような、「頑張れ!」って言いたくなるような印象でした。中川さんは、、今までCMを一緒にやらせて頂いて、すごく真面目で一生懸命な方なんだろうなという印象でしたが、より強まったというか、お芝居が本当に好きな方なんだな、というのを改めて感じました。

演じる“藤堂莉奈”のイメージ

お嬢様というイメージに加えて、男性慣れしてないというか、男性をあんまり見れないというのが台本にもあったので、そこを少し強調しながら演じました。でも、悪い子じゃないんだろうなと思います。周りにいる“変わった子”というか、“ちょっと変な子”ぐらいのイメージです。

『ボク恋』のドラマ自体のイメージ

台本を読んでみて、「大変そうだな」という印象でしたが、いざ見てみたら「なるほど、こういうことになるんだ!」と感じました。演者のみなさんにも「撮影どうでした?」とお聞きしたら、みなさん「大変でした」と声をそろえて仰っていたので、みなさんの努力がちゃんと伝わっているなと思いました。一人一人のキャラクターが魅力的で、かわいい人たちの集まり。みんながみんな、これから色々ありますし、だから一人一人キャラが立っていて、楽しい、ワクワクするドラマだなと思います。

視聴者へのメッセージ

お話が展開していく中で、新しい登場人物が出てくると、見ている方も「あれ?」と混乱するところもあるかもしれませんが、シリアスな部分とコミカルな部分の落差みたいなものを楽しんで頂けたらと思います。面白い役で呼んで頂いているので、色々表現できたらいいなと思いつつ、みなさんに嫌われない程度に愛されればいいなと思っています。

■放送情報
『ボクの殺意が恋をした』
日本テレビ系にて、毎週日曜22:30~23:25放送
出演:中川大志、新木優子、鈴木伸之、田中みな実、中尾明慶、永田崇人、小西はる、水野美紀、藤木直人
脚本:徳永友一ほか
監督:星野和成、宝来忠昭
チーフプロデューサー:岡本浩一
プロデューサー:中間利彦、小島祥子、石田麻衣(ホリプロ)
共同プロデューサー:三上絵里子(日本テレビ)
制作協力:ホリプロ
制作著作:読売テレビ
(c)読売テレビ
公式サイト: https://www.ytv.co.jp/bokukoi/
公式Twitter:https://twitter.com/bokukoi_drama
公式Instagram:https://www.instagram.com/bokukoi_drama
公式LINE:https://lin.ee/kniUOAg
公式TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSJqk4KTo/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる