明石家さんまと大竹しのぶが共演 『男女7人夏物語』Paraviで初配信決定

『男女7人夏物語』Paravi初配信決定

 ドラマ『男女7人夏物語』が8月2日からParaviにて配信されることが決定した。

 鎌田敏夫が脚本を手がけ、明石家さんまと大竹しのぶが共演した本作は、1986年7月期に放送され、最高視聴率31.7%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)するなど、一大ブームを巻き起こした恋愛ドラマ。タイトルにもある“男女7人”を、本作が連続ドラマ初主演となった明石家のほか、大竹、片岡鶴太郎、奥田瑛二、池上季実子、賀来千香子、小川みどりが演じた。

 男3人は大学の同級生で現在はサラリーマン、女4人は自動車メーカーのイメージガールの同期生という設定で、ある朝、ツアーコンダクターの今井良介(明石家さんま)が、自分の部屋で見知らぬ女性・神崎桃子(大竹しのぶ)と一緒に寝ていることに気が付くところから物語はスタートする。結婚適齢期でありながら未だに青春の名残を捨てきれない男女7人は、どんな恋愛模様を繰り広げるのか。明石家と大竹による漫才のようなテンポ抜群の掛け合いや、お笑い芸人として第一線で活躍していた片岡が見せるシリアスな演技が見どころとなっている。

■配信情報
『男女7人夏物語』(1986年)
Paraviにて、8月2日(月)11:00配信スタート
出演:明石家さんま、池上季実子、片岡鶴太郎、賀来千香子、小川みどり、奥田瑛二、大竹しのぶ
脚本:鎌田敏夫
演出:生野慈朗、清弘誠
プロデューサー:武敬子、山本典助
製作著作:テレパック/TBS
(c)テレパック/TBS



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる