瑞々しくもスリリングなひと夏の挑戦が セリーヌ・シアマ監督作『トムボーイ』予告編

セリーヌ・シアマ『トムボーイ』予告編

 9月17日より新宿シネマカリテほかにて公開されるセリーヌ・シアマ監督作『トムボーイ』の予告編が公開された。

 本作は、2019年の第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィア・パルム賞を受賞した『燃ゆる女の肖像』のシアマ監督の長編2作目。2011年の第61回ベルリン国際映画祭ではテディ賞審査員特別賞を受賞し、本国フランスでの劇場公開時には、低予算のインディペンデント作品ながら30万人動員の大ヒットを記録した。

 夏休み、家族と共に新しい街に引っ越してきた10歳のロール(ゾエ・エラン)。引っ越し先で「ミカエル」と名乗り、新たに知り合ったリザ(ジャンヌ・ディソン)たちに自分を男の子だと思い込ませることに成功する。やがてリザとは2人きりでも遊ぶようになり、ミカエルとしての自分に好意を抱かれていることに葛藤しつつも、お互いに距離を縮めていく。しかし、もうすぐ新学期。夏の終わりはすぐそこまで近づいているのだった。

映画『トムボーイ』予告編

 公開となった予告編では、新しい街で同年代のリザから名前を尋ねられたロールが「ミカエル」と答える姿や、新たな仲間たちに迎えられるさまが描かれている。夏休みの間、新しい仲間と過ごす新しい自分。サッカーや海での遊びを楽しんだり、妹ジャンヌ(マロン・レヴァナ)の協力のもと襟足を整えたり、ミカエルとして過ごすことに余念がなかったが、そんな日々も長くは続かない。ロールは、ある日母親に「みんなに男の子だと言っていたの?」と詰め寄られてしまう。

 シアマ監督は「女の子が男の子になりすますという物語は、長いこと私の頭の中にありました」と本作の構想について語り、また「映画のもたらす複雑な感情の部分と対照的に、太陽を感じさせるような作品を作りたいと思っていた」と作品の背景について言及している。

■公開情報
『トムボーイ』
9月17日(金)新宿シネマカリテほか全国公開
監督:セリーヌ・シアマ
出演:ゾエ・エラン、マロン・レヴァナ、ジャンヌ・ディソン
配給:ファインフィルムズ
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ東京/ユニフランス
2011/フランス/カラー/フランス語/82分/原題:Tomboy/PG12
(c)Hold-Up Films & Productions/ Lilies Films / Arte France Cinema 2011
公式サイト: http://www.finefilms.co.jp/tomboy/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる