森崎ウィン×深川麻衣『僕と彼女とラリーと』予告編 追加キャストに佐藤隆太、田中俊介ら

 10月1日に全国公開される森崎ウィン主演映画『僕と彼女とラリーと』の本予告とポスタービジュアルが公開された。

『僕と彼女とラリーと』(c)2021『僕と彼女とラリーと』製作委員会

 本作は、2021年11月の「FIA世界ラリー選手権(WRC)」開催地となる愛知県豊田市・岐阜県恵那市を舞台に、ラリーを通して若者の再生と夢にチャレンジする人々を描く人間ドラマ。

 早くに母と死に別れた北村大河は、ラリーに打ち込む父の身勝手さが母の死を早めたと思い込み、大学入学と同時に東京に出た。俳優を目指しながらも漠然とした不満を感じるなか、幼なじみで地元に暮らす上地美帆から突然の父の死の知らせが届く。久しぶりに故郷の豊田市に戻った大河は、自然や地元の人々と触れ合う中で真の父の姿に気付き、自分の生き方を意識し始める。大河の父は、ラリーで数々の栄誉に輝いたメカニック。自動車会社を退職して地元の町外れでガレージをはじめ、関係者の間では名の知れた存在だった。父が残したガレージで本当は父と一緒にラリーに関わりたかった自分に気付く大河。シングルマザーとして故郷と自身のアイデンティティーを大切に生きる美帆に導かれ、このまちで夢を叶えようと決意する。

 父親との確執により過去にとらわれ、将来に迷う主人公・北村大河役で主演を務めるのは、『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューを果たし、『蜜蜂と遠雷』で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど国内外で活躍を続ける森崎。大河の幼なじみで、自身のアイデンティティーに添い地元で暮らすシングルマザーの上地美帆役を、今年1月に公開された映画『おもいで写眞』で主演を務め、現在放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』にも出演する深川麻衣が演じる。脚本・監督を務めるのは、『着信アリ2』『今日も嫌がらせ弁当』の塚本連平。

 今回、本作の追加キャストも発表された。大河の父役を西村まさ彦、その友人で破天荒な弁護士を竹内力が演じる。さらに、大河の兄役を佐藤隆太、父のガレージの従業員役を田中俊介、小林きな子、有福正志がそれぞれ担当。さらに、愛知県豊田市出身でもあるガンバレルーヤ・よしこも出演する。

 予告編は、北村大河(森崎ウィン)のもとに地元の豊田市で「北村ワークス」を営んでいた父(西村まさ彦)の突然の訃報が届くシーンから幕を開け、故郷に帰った大河が会社の再起をかけて父がやり残した夢“ラリー”の大会出場を目指して奮闘する様子が映し出されている。

『僕と彼女とラリーと』予告編

『僕と彼女とラリーと』場面写真

■公開情報
『僕と彼女とラリーと』
10月1日(金)全国公開
9月24日(金)より愛知・岐阜 一部劇場にて先行公開
出演:森崎ウィン、深川麻衣、佐藤隆太、田中俊介、小林きな子、有福正志、小林涼子、よしこ(ガンバレルーヤ)、竹内力、西村まさ彦
監督・脚本:塚本連平
主題歌:加藤ミリヤ「JOYRIDE」
配給:イオンエンターテイメント/スターキャット
制作:RIKIプロジェクト
製作:『僕と彼女とラリーと』製作委員会
(c)2021『僕と彼女とラリーと』製作委員会
公式サイト:bokukano-rally.com
公式Twitter:@bokukano_rally



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる